シミ予防

生活習慣を気を付けるだけでシミ予防になる事をご存知ですか?

投稿日:

スポンサードリンク




シミのできやすいライフスタイルとはどの様なものなのでしょうか。
シミのできる要因として最も高いものはやはり紫外線です。

シミと普段のライフスタイルは密接な関係

しかし、紫外線が直接の原因でなかったとしても、活性酸素が発生することで、
メラノサイト刺激ホルモンが分泌されるため、メラニンが生成されるのです。
紫外線以外で活性酸素を発生させる要因として、ストレス、喫煙、飲酒、排気ガス等、便秘、睡眠不足などが考えられます。
シミだけでなく肌トラブルの多くがライフスタイルと大きく関わっている場合が少なくありません。

たとえば睡眠不足や更かしなどは大敵と呼ばれています。 それは、皮膚細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンは
睡眠中にだけ分泌されるためであり、そのピークは午後10時~午前2時の間の、
いわゆる「ゴールデンタイム」だと言われています。

このゴールデンタイムの間に起きていると、成長ホルモンの分泌が妨げられ、
肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。 さらに睡眠不足が続くとストレスとなって
自律神経やホルモンのはたらきを損ね、肌の状態が不安定になります。
ターンオーバーの乱れはシミに直結します。

シミ予防には、入浴も影響します。毎日シャワーで済ませる方は、お肌には悪影響です。
シャワーだけでは体が温まりきっていないため 睡眠中の表皮細胞の代謝が鈍くなるのです。
また運動不足や喫煙習慣も、シミになりやすいです。

シミのない美肌を保つには、内側のケアも大事

喫煙は、体内のビタミンCが失われると言われています。 このようにシミのない美肌を保つには、
外側からのケアだけでなく内側からもしっかりとケアすることが大切です。
バランスの取れた食生活を心がけることはシミのない美肌への基本といえます。

美肌づくりに欠かせないタンパク質やビタミン・ミネラルを積極的にとることをお勧めします。
なかでも皮膚の再生やホルモンの合成を促し、メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンC、
過酸化脂質の増加を抑え、 スムーズな新陳代謝を促すビタミンEは、シミの予防には欠かせない栄養素と言われています。

野菜や果物、豆類などを摂るとよいでしょう。 特に紫外線は子供の頃からのダメージがずっと皮膚の中に
蓄積されていると言われています。 その為、今は気をつけていてシミがそれほどなくても、
かつて日焼けしていた人は、突然シミとなって現われる可能性が大きいので要注意です。

シミを防ぐためには、規則正しい生活が重要

今30代で、10代の頃に流行したガン黒などをしていた人は特に要注意です。
蓄積されたメラニンが数年後に現れるかもしれません。 シミを防ぐためにも規則正しい生活、
バランスの取れた食事、十分な睡眠をとり、体の体の内側から 綺麗を保つことが大切だといえます。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.