シミ予防

今すぐ始めたい「シミだらけの顔」にならない為の乾燥対策

投稿日:

スポンサードリンク




どのような肌質の方でも寒い季節になると特に気になるのがお肌の乾燥です。
エアコンや暖房の温かい風に当たったり、外の空気自体も湿度が低くなるので、
どれだけ保湿しても気づくとカサカサしてしまうという人も多いかと思います。

乾燥はシミの原因のひとつ

特に口元や頬のあたり、目元と眉間などの部分の乾燥は、化粧崩れもしやすく気になりますよね。
そして乾燥はお肌のカサカサだけではなく、シミの原因にもなってしまうことをご存じでしょうか。
乾燥肌とシミは別の悩みのようにも感じますが、実は乾燥肌から受ける影響がとても大きいのです。
なぜ乾燥することがシミにつながるのか、その理屈をご紹介します。

まず、シミの原因は紫外線などを受けて作られるメラニン色素です。 お肌が潤っている時は、
肌の生まれ変わりをもたらすターンオーバーが活発なため、作られたメラニン色素も
古い角質と一緒に剥がれ落ちやすくなります。しかしお肌が乾燥してしまうと、肌表面の角質層が
固く厚くなるため、 古い角質がお肌にとどまりやすくなってしまうのです。

角質層の乱れが乾燥が進行

古い角質がとどまっている状態が続くと角質層の乱れ、簡単に言うとお肌のキメが 荒くなりますので、
そこからお肌の内側にある水分が蒸発してしまい、さらに乾燥が
進むという悪循環に陥りやすくなります。

乾燥によってコラーゲンなども不足しがちになりますので、ターンオーバーの周期も 遅くなり、
その結果できてしまったメラニン色素を追い出すのに時間が かかってしまうというわけです。
メラニン色素が肌にとどまるので、気づくと目に見えるシミになってしまうのです。

ターンオーバーの周期は加齢と共に上昇

また、ターンオーバーの周期は年齢が上がるほど遅くなると言われているのは、
既にごご存知の方も多いのではないでしょうか。レーザー治療や美白用の化粧品を
使ってシミ対策をされている方も多いと思いますが、実は、お肌が乾燥したままでは
シミが繰り返しやすいので、根本的にはあまり解決できているとは言えないのです。

これまでのスキンケアや治療などで、なかなか効果を感じられなかった方は、
今一度ご自分のお肌の乾燥状態を知る事も必要かと思います。

シミ対策は、紫外線と乾燥対策が重要

シミ対策には紫外線対策をしっかりすることとともに、洗顔後に化粧水を
ゆっくりお肌に染み込ませるようにし、毎日丁寧に保湿をしていくことが大切です。
そうすることで乾燥肌を防ぎ、元からシミの出来にくい、ふっくらとした健康なお肌を
目指していくことができますし、若々しいお肌を保つこともできるのです。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.