シミ予防

敏感肌の方が、絶対にやってはいけない洗顔料の選び方

投稿日:

スポンサードリンク




敏感肌の方が、絶対にやってはいけない洗顔料の選び方 敏感肌の方は、
化粧品や洗顔料選びにも大変気を使うと思います。 女性のお肌の悩みのシミの対策で
美白成分が含まれる化粧水などを使うと 、刺激が強いものが大変多いです。
特に敏感肌の方は、化粧品の刺激が気になるものではないでしょうか。

正しい洗顔で新陳代謝を促すこともシミ予防に効果的ではあるのですが、
その洗顔に使う洗顔料の成分も気になるところです。

敏感肌の方はどのように洗顔料を選べばよいか?

敏感肌の方はたくさんある洗顔料を試してはお肌に合わずがっかりする方が多いと言われています。
では、敏感肌で悩む人はどのように洗顔料を選ぶのがいいのでしょうか。
今回はお肌に優しいおすすめの洗顔石鹸をご紹介します。
03.sengan

敏感肌の方は、まず自分の肌の状態を確認

まず、敏感肌と一口で言っても、実際にはどのような状態のお肌のことを指しているかご存じでしょうか。
敏感肌とは、肌表面の表皮のバリア機能が低下することによって、外部の刺激、 例えば
紫外線や花粉、ダニ、化粧品などに弱くなっている状態のお肌のことを言います。

乾燥肌の状態でも似たような症状を起こす場合がありますので、少しの刺激でお肌が
乾燥しやすかったり湿疹が出たりする場合は、敏感肌を疑う必要があります。

ですので敏感肌の人やアトピー肌の方は、まず敏感肌用と書かれた洗顔石鹸を選ぶ必要があります。
敏感肌用の洗顔石鹸は、普通の石鹸とは違い刺激の強い成分を省き、
有機栽培で作られた植物などを使用しているのが特徴です。

ヤシ油やパーム油、大豆油、オリーブ油などの天然成分を使用している石鹸は、
汚れは落としますがオイルの成分で洗いあがりの余計な乾燥も防ぐことができますので、
天然の成分が配合された商品を選ぶようにするといいでしょう。

また、洗顔フォームにも同じような成分が含まれる場合もありますが、洗顔フォームの主な成分は
合成界面活性剤ですので、できるだけ石鹸を選ぶ方が良いと言えます。
合成界面活性剤はお肌のバリア機能を溶かしてしまう可能性がありますので、
余計に症状が悪化してしまう可能性があるのです。

洗顔料を選ぶ場合、洗顔フォームより洗顔石鹸

敏感肌の方が洗顔料を選ぶ場合、洗顔フォームより洗顔石鹸を選ぶことと、
敏感肌用の石鹸を選ぶこと、そして、天然成分の他に合成界面活性剤など
化学成分が含まれないことがポイントとなります。

稀に、天然成分でもアレルギーのある方がいらっしゃいますので、不安な方は 、
一度、皮膚科で診てもらうのもお勧めです。

敏感肌の方は自分の肌にあったモノを選ぶのが重要

敏感肌の方は、商品選びには少し手間がかかるかもしれませんが、自分にあったものを
見つけ出すことで、余計な肌トラブルを防ぐ事ができますし、なんといっても
安定して長く使用する事ができますので美白効果にも役立ちます。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.