シミ予防

うっかり浴びてしまった紫外線の対処方法は?

投稿日:

スポンサードリンク




シミ(しみ)を気にしている方にとって最も大きなポイントといって過言でないのが紫外線対策です。
しかしどんなに紫外線対策を行っていても完全に防ぐ事は難しいです。そこで紫外線を浴びてしまった肌に対して、
どのような対応をしたらよいのか?ご紹介をしたいと思います。

紫外線でサーバンが起きた場合

お肌がサーバン(肌が赤くなりヒリヒリしている状態)が起きてしまっている状態の場合、まずはクールダウンすることが
とても大切です。なぜかというと、肌が炎症し熱を持ってしまっているためです。その為、肌をクールダウンし
早く熱をとって、炎症を沈めてあげることが重要です。

紫外線を浴びてサーバンが起きているときにお勧めなのが、濡らしたタオルを熱を持っている肌に当ててあげることです。
ポイントとしては、なるべくコマ目にタオルを冷やしなおすことです。またビニール袋に氷水や保冷剤をタオルにくるみ
患部に当てるのも良い方法です。

海や山などで日焼け止めを塗っていたけど全身に紫外線を浴びてしまい、広範囲ヒリヒリする状態のときには
お風呂は控えてください。そして冷水のシャワーで代用し患部を冷やすとよいでしょう。但し体の冷やしすぎには注意してください。

サーバン状態が収まるまでは、化粧水など肌に刺激の強いものは極力与えないようにしましょう。また体内からも
積極的に水分補給うをしてあげる事も大事なのでいつもより多めにミネラルウォーターなどを飲み、
体内からも水分補給をするようにしましょう。

水分補給をする女性

うっかり紫外線を浴びてしまった場合

日常生活をしていれば、ついうっかり紫外線を浴びてしまうこともありますよね。こうなってしまった時には、
出来ればその日のうちに保湿効果のある美白タイプのスキンケア化粧品を使ってください。

なぜかというと、紫外線を浴びた肌は、水分不足の状態になってます。その肌に対してダメージケアをする
ヒアルロン酸やコラーゲン。美白効果のあるビタミンCなど有効成分を補ってあげる事が大切だからです。

美白化粧品を使用していない人なら、十分な保湿をしてあげてください。朝晩しっかりと洗顔+保湿を行い化粧水と
クリームで保湿をすることで肌のダメージを進ませないようにすることが大切です。

毎日の保湿が予防に

実は、毎日の保湿をしっかり行っていれば、うっかり紫外線を浴びてもダメージが少なくなるのはご存知ですか?
例えば干物と生魚どちらのほうが早く焼けますか?といったら簡単ですよね。干物だとすぐわかります。肌も一緒で
保湿がしっかり行き届いていれば、焼けにくい肌になるわけです。

海や山など紫外線を多くあびそうとわかっているときには、前日の晩にいつもの保湿に+αしてパックなどを
取り込むと効果が高いです。もちろん日焼け止めなどでの紫外線対策をバッチリ行ってください。

将来のお肌の為に、しっかり紫外線対策を

シミ(しみ)は長い年月紫外線を浴び続けた事で起こる肌の老化現象。今日浴びた紫外線は、明日シミとして現れる訳では
ありません。5年後10年後、忘れたころに突然シミとして現れます。そうならないよう日頃から紫外線を浴びても
ダメージが小さくなるよう日々の保湿ケアをしっかりするようにしましょう。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.