シミ予防

日焼け止めのspfとpaを理解し、適切なものを選びましょう!

投稿日:

スポンサードリンク




シミ(しみ)対策をするうえで、最も重要な事のひとつが紫外線対策です。その際日焼け止めを使われる方は多い方と思いますが
その際、日焼け止めにspfやPaと言ったものが書かれているのはご存知でしょうか?

日焼け止めに書かれているこれらの表記は一体何を表しているのかご存知ですか?まずは、具体的な意味を理解して、今後の
紫外線対策をする際の日焼け止め選びに役立つのでご紹介したいと思います。

紫外線には、α波とβ波があります。その両方ともに肌に対して悪影響になります。その為、日焼け止めで紫外線のα波とβ波両方とも
ブロックするモノを選ばないと行けないのです。

日焼け止めのspfとは

spfとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、
紫外線のβ波を防ぐ効果があります。わかりやすく説明しますと、日焼けをした際、肌が赤くヒリヒリした経験などありませんか?
この現象を”サーバン”といいます。

通常、日差しの下では、”サーバン”が起こるまでは20分と言われています。このサーバンが起こる時間に対して。日焼け止めを塗った時に
何倍遅らせることが出来るのかという表記をspfで表記しています。

例えば、spf30の日焼け止めを塗った時には、塗らなかった時に比べ30倍。
サーバンが起こるまでの時間20分の30倍。
20(分)×30=600分(10時間)
サーバンの起こるのを押さえてくれるという意味になります。

但し、これは適量を守った時の目安になります。spfが高ければ、予防効果が高いという訳ではありません。
人それぞれ肌質や発汗量が違う為あくまで目安になります。それと肌の弱い方がspf値の高いものを使うと
肌の負担も大きい為、適した環境のモノを使うことを使うことをお勧めします。

日焼け止めのpaとは

paとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略で
紫外線のα波を防ぐ効果があります。わかりやすく説明しますと、日焼けすると肌が黒くなる事があると思います。
この現象が”サンタン”といいます。

通常、日差しの下では、”サンタン”が起こる時間に対して。日焼け止めを塗った時に
何倍遅らせることが出来るのかという表記をpaで表記しています。

paは”+”~”+++”で表記されます。
pa+  ・・・約 5時間  (効果がる)
pa++ ・・・約10時間  (かなり効果がある)
pa+++・・・約16時間以上(非常に効果がある)

こちらも適量を守った時の目安になります。spfでも話した通り、数値が高いから効果が高いわけではありません。
自信の肌質や使用目的を適切なものを使う事をお勧めします。

日焼け止めの基本はこまめに塗り直し

注意が1点ありまして、日焼け止めを手にした際spfしか表示が無いものは、paが含まれていない可能性が
高いので、シミ対策を考えるうえでspfとpaが両方表記されているもの選ぶようにしましょう。

シミ予防をする上で、日焼け止め選びは大変重要になります。数値が高い物を選んでも肌トラブルが起きては
意味がありません。ご自身の肌にあった適切なモノをコマメに塗りなおすよう心がけましょう。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.