シミ予防

顔のシミに効果がある食事を積極的に摂取しましょう。

投稿日:

スポンサードリンク




化粧品や日焼け止めに加えて、体の内からシミケアも併せてしたいもの。
残念ながらシミだけに直接効く食事はありません。
何故なら、一度体に入った栄養は胃腸で吸収され、それから血液によって体の至る所に運ばれるため、
シミだけにピンポイントで作用する栄養素はないのです。
しかし、あなたの食事を見直すことにより、シミが薄くなることや予防は期待できます。
そこで、どのような食事をとればシミ予防になるのか説明いたします。

抗酸化食事を摂ろう

シミを作る原因の1つに活性酸素があります。活性酸素は誰にでもあるものですが、
過剰に増えるとお肌を酸化させ、シミの元であるメラニンを多く生成します。
そのため、活性酸素が増えないように、抗酸化力の強い食事を摂るように心がけましょう。
抗酸化力の高い栄養素はビタミンC、βカロテン、ビタミンEが有名です。
これらの栄養素が含む食事を積極的にとるようにしましょう。
ビタミンCやβカロテンはレモン、柿、いちごといったフルーツやピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンCは水溶性のビタミンで体に蓄積させることができません。
一度の食事で大量に摂取しても吸収されずに排出されてしまうため、こまめに食事を摂ることが大切です。
ビタミンEはピーナッツやゴマといった木の実や、アボカド、うなぎ、カボチャなど含む食事にも含まれています。
強い抗酸化力に加え、血行を良くする働きもあり、お肌の改善のためにお勧めしたい栄養素です。

食事は、カロリーだけで選んではダメ

お肌の元になるコラーゲン。コラーゲンはタンパク質の一種で皮膚を構成する重要な物質です。
鶏皮や手羽先、フカヒレ、豚バラ肉などの比較的カロリーの高い食品に多く含まれています。
太らないようにとカロリーの高い肉類の食事を避ける人もいます。
しかし、必要な栄養素を摂取しないと体全体が栄養不足になり、冷え性や疲労感に繋がります。
また、肌は血液から栄養を送られているため、血行が悪くなったり、肌の生まれ変わりがうまくいきません。
お肌を美しくするためにはカロリーだけでなく、タンパク質、ビタミン、ミネラルと
バランスよく食事をし栄養素を摂取することが大切です。

肝臓が弱るとシミが酷くなる?

忙しさにかまけて食事は、加工食品ばかりの時期や、食事の暴飲暴食後の後にはお肌の調子が悪くなったりしませんか?
それらは肝臓の解毒処理が追いついていないせいかも。
肝臓は沈黙の臓器とも言われ、不調が表面化しにくいと言われています。
しかし、食品添加物、アルコール、油の多い食事、甘いものの摂り過ぎなどで日常的に肝臓に負担をかける生活になりがちです。
内臓とお肌は非常に強い関わりを持っていて、内部の不調が肌に現れてくることも少なくありません。
シミの原因である活性酸素を除去するためにも、自覚のある人は肝臓にも気を使いましょう。
弱った肝臓を元気にするには、食事を食べ過ぎないことは勿論、揚げ物などの高カロリーな食事は控えるようにしましょう。
代わりにきのこ類や大豆製品、タコやイカと言った魚介類などの食事を摂るようにしたいものです。

胃腸から栄養は吸収される

いつもお腹の調子が悪い、便秘がちだという人は、胃腸が原因で肌に栄養がきちんと運ばれていないのかもしれません。
食事をした後、摂取した食物は食道を通り、胃、十二指腸、小腸を通って大腸に運ばれます。
その中でも小腸でほとんどの栄養を吸収する仕組みになっていますが、
この働きがうまくいかないと必要な栄養を含む食事をしても、栄養が吸収されません。
その結果、肌の新陳代謝に必要な栄養が不足してしまい、シミがうまく排出出来ません。
胃腸に不安のある人は、消化吸収を助ける酵素が含まれたキャベツや大根おろしを摂るようにしましょう。
他にもオクラ、山芋などのネバネバ食材も胃腸の働きを整えてくれます。
これらの食品を利用して、お腹に優しい食事を心がけましょう。
脂肪分の多い食事や生野菜は消化しにくいとされています。肉や魚は脂肪の少ないものを選び、
野菜は煮込んで柔らかくしてから食べるといいでしょう。
間食にはスナック菓子は避け、バナナやリンゴといったフルーツやプリンなどの消化しやすいものを摂るといいですね。

シミと女性ホルモンの関係

紫外線と関係なく現れる肝斑というシミは、女性ホルモンが関係していると言われています。
頬、額、口の周りにぼんやりと左右対称の薄いシミが出ているのであれば、
女性ホルモンの乱れを整えることを意識してみるといいでしょう。
女性ホルモンには、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンがあります。
両者のバランスが乱れ、プロゲステロンが過剰に分泌されると、メラノサイトが刺激されてしまい、
メラニンが多く作られることになります。また、女性ホルモンが乱れると肌自体も刺激に弱くなってしまいます。
もし肝斑や生理の不調で悩んでいるのであれば、女性ホルモンの働きを助けてくれる大豆製品を摂取します。
豆腐、納豆といった食品や、ナッツ、きな粉、豆乳といったものを食事に取り入れていきましょう。

自分の体調に合わせた食事を

いかがでしたか。世の中でシミに効くと言われる食品は色々有りますが、自分に合ったものだったでしょうか。
自分の体調に合わせた食事でシミ対策をしていきたいですね。
ただし、どのケースでも言えるのは、脂質の多い食事や高カロリー食は避けることと、
腹八分目で抑えておくこと。ストレスが溜まるとどうしても暴飲暴食をしてしまいがちですが、
そのような時は運動をしたり、十分な睡眠を取ってストレス解消に努めていきましょう。

-シミ予防

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.