シミの対策基礎

年を重ねても肌が綺麗な人の紫外線対策を知りたくありませんか?

投稿日:

スポンサードリンク




春から夏は、一年の中でも特に紫外線が強くなって来ることはとても有名です。
紫外線を浴びると肌は、肌を守るためメラニン色素が生成され肌を守ろうとします。
そのメラニン色素が沈着がし、シミができやすくなる為、
シミを防止をするうえで紫外線対策が重要になります。

紫外線の過剰摂取がシミの原因のひとつです。

メラニン色素が過剰に生成され過ぎたり、加齢によってターンオーバーが追いついて来なくなることが
原因で、メラニン色素が排出されず、シミのもととなってしまうのです。
メラニン色素は細胞のDNAを守り、皮膚がんを抑制する働きがありますが、
紫外線を浴び過ぎると守りきれなくなります。

そこで紫外線を浴びる前に、防ぐことが重要となるのです。
特に紫外線が強い日は肌には日焼け止めを塗って、日々のケアでは美白化粧品などを使い、
また外出するときは日傘や防止などを使って予防している人も多いのではないでしょうか。

しかしどれ程お肌を守っていてもどうしても紫外線を浴びてしまう箇所があります。
それは目です。 目から入ってくる光が、シミの原因にもなることはあまり知られていません。
そのため目の紫外線対策をしている人はあまりいないのではないでしょうか。

目から入ってくる光が、シミの原因!?

眼に紫外線が当たると、実は肌と同じように目にも直接ダメージを与えるのです。
これは急性角膜炎や視力障害や白内障の原因となる可能性もあります。
肌へは直接的なダメージではないですが、最近では眼から光が入ると眩しく感じて、
体がメラニン色素を生成するとも言われています。
目の紫外線対策

そのため、肌の日焼け予防の対策をしていても、サングラスを装着せずに外出して、
眼に紫外線があたるだけで、シミの原因となってしまうのです。
日差しがそれほど強くない時でも、紫外線から眼を守るために紫外線カットの効果のある
サングラスをかけるようにすることは非常に重要だといえます。

日本人はあまりサングラスをかける人は多くはないですが、年々紫外線量が増えている近年では、
サングラスで眼の紫外線対策をすることも必須といえます。 また特に紫外線が強い夏などには、
サングラスに加えて日傘も併用して使用するとよいでしょう。

年を重ねても肌が綺麗な人は、紫外線対策を徹底してます。

シミ対策だけでなく、暑い夏には熱中症対策にもつながります。
UVカット専用の日傘ならより完璧です。 日傘に併用してサングラスを使用することによって、
90%の紫外線カットが期待できるといわれています。

年齢を重ねても肌がきれいな人は、この紫外線対策を徹底的にしています。
そして夏だけの暑い季節以外でも紫外線はかなりの量が発生しているので、
1年を通して対策が必要なのです。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.