シミの対策基礎

ターンオーバーを活性化させる3つのポイント

更新日:

スポンサードリンク




女性の大敵であるシミ。シミが出来てしまったら皆さんは何をしますか?
結論からいいますとターンオーバーを活性化させ、ターンオーバーを
正常に戻してあげることが重要です。

市販されているシミに効果のある「美白化粧品」などで対応されている方もいるかと思います。
しかしこれは新しいシミに対しては効果がありますが、出来てしまったシミには残念ながら効果がありません。
理由は美白化粧品の目的は、メラニンの生成の抑制が目的だからです。

ターンオーバーの周期を整える3つの方法とは

ターンオーバーのサイクルは、年齢と共に衰えてきます。これは表皮の下にある真皮が影響しています。
真皮は肌の土台になる部分で、その中にある線維芽細胞が肌の弾力やハリをキープする役割をしています。

しかし線維芽細胞は、20代から衰え始めます。線維芽細胞が弱くなると肌の基礎体力が失われ、
結果ターンオーバーが正常に機能しなくなります。ターンオーバーの活性化する為に、
ポイントとなる3つのの習慣をご紹介したいと思います。

ターンオーバーを活性化する為には、睡眠が一番大事

そもそもターンオーバーとはいつ行われているかご存知ですか?それは睡眠時間です。その為寝不足だという人はまず改善が必要です。
特にゴールデンタイムと呼ばれている22:00~2:00の間に睡眠をとると良いのですが日常生活を送るうえで
なかなか22:00になるというのは難しい方も多いのではないかと思いますので、
目安として6時間以上睡眠時間を確保できるようにして下さい。

『良質な睡眠』については、こちらで詳しく記載していますのでご参考にしてください。

ビタミンCを取り線維芽細胞を活性化させる

ターンオーバーの源である真皮。線維芽細胞が活性化すればターンオーバーも活性化していきます。
ではどおすれば線維芽細胞が活性化するかというとビタミンCを摂取することが大切です。

線維芽細胞では、主にコラーゲンやエラスチン。ヒアロルン酸などを生成しています。
コラーゲン生成の際にビタミンCが必ず必要になります。ビタミンCが
不足すると線維芽細胞の働きが低下してしまいます。

またビタミンCには美肌にとって好影響を与える効果があります。紫外線を浴びるとメラニン生成しますが
過剰なメラニンの生成を抑制したり、抗酸化作用がある為、肌の酸化防止の効果などがあります。

ターンオーバーの活性化にはお肌の結構促進が効果的

ターンオーバーを活性化させる為には、お世話になります。お肌の血行を促進する必要があります。
お肌の血行を良くするには、基礎代謝を上げる事が大切です。
日々のデスクワークで血行が悪いと感じる方は軽めの運動を取り入れるようにして下さい。

またストレスも大きく影響します。ストレスを感じるとホルモンバランスや血行不良が起こってしまいます。
ストレスケアをしっかり行うこともとても大切です。

ターンオーバーの乱れはシミにも影響

ターンオーバーの周期を整える3つの方法はいかがだったでしょうか?お肌の新陳代謝が良くなれば古い角質はしっかり剥がれ、
新しい肌細胞が出来てきます。結果肌バリア機能が高まりますので、シミなどの肌トラブルの起きにくい肌に
なっていきますので、日頃から意識して生活して頂けたらと思います。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.