シミの対策基礎

毎日の紫外線対策の先に、人がうらやむ素肌美人を手にできます。

投稿日:

スポンサードリンク




紫外線がシミの大敵とはわかっていてもつい、日焼け止めを塗るのを忘れてしまったり
日傘をささずに外出してしまったりする方が多いのではないでしょうか?
それは、紫外線の恐怖を理解していないのではないでしょうか?

紫外線の恐怖とは、肌の老化を早めます

紫外線の恐怖とは、簡単にいうと肌の老化を早めてしまうことです。 紫外線を浴びた肌の内部では、
メラニンが次々と生み出されています。 過剰に出来たメラニンが肌内部に蓄積しやがてシミになってしまいます。
その為美肌の為には、紫外線から肌を守る必要があるのです。

紫外線対策をしているか、していないかの差はすぐには表れません。 5年後や10年後の肌に大きな差に
なって表れます。紫外線のダメージが 日々重なり、やがてシミなどの
肌トラブルとして表面化してしまいます。

そうならないようにどのように紫外線対策を行えばよいのか ポイントを紹介したいと思います。
そこで正しい紫外線対策方法を記載したいと思います。

紫外線対策1.UVカット効果のある化粧品を使う

日頃外出する時は、日焼け止めクリームを塗ったり日傘や帽子、ストール、サングラス を活用したりして、
紫外線に対処しましょう。紫外線の見落としがちなことですが天候にも気を配ってください。
くもりや雨でも紫外線は浴びます。外出する際は天候に関係なくしっかり日焼け止めでの 紫外線対策を実施してください。

また外出をしない日でも 紫外線対策は大変重要です。家の中にいても紫外線を降り注いでいるからです。
たとえ化粧をしない日でもUVカット効果のある化粧下地などを使用して常に 紫外線対策に意識を持ってください。
UVカット効果のある化粧下地は年代に関係なく 行った方がよいです。

若いからといって対策しないとのちに痛い目にあいます。 また日焼け止めを塗る時には、
化粧水などで保湿してから塗ることがポイントです。 指の腹や手のひらを使ってしっかりと
肌全体に密着するように塗りこむことが重要です。こうやって日々から紫外線対策の積み重ねが
後々の肌に大きな影響を与えます。

紫外線対策2.美白化粧品とビタミンC

洗顔と保湿ケアでメラニンの排出を促すと同時に、集中的なシミケアを行うことが 大切です。
体の内側からケアをするのも効果的です。内側からケアとして ビタミンCを積極的に摂取するのがお勧めです。

ビタミンCを多く含む食材としてイチゴやキウイ、パパイヤ、野菜ではホウレンソウや ブロッコリー、
サツマイモなどが挙げられます。 お肌の新陳代謝を促したり、お肌の老化などをふせぐ力が期待できます。
またビタミンCを配合したシミケア商品などを使用することで より効果を発揮することが出来ます。

紫外線対策に非常に有効な栄養素

紫外線対策に非常に有効な栄養素はビタミンA、ビタミンC、 ビタミンE 。どれも非常に有効な栄養素ですが、
特にビタミンCは効果が大きく、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのに重要な役割をはたします。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.