シミの対策基礎

紫外線ダメージの溜まった秋の肌トラブルとスキンケア

投稿日:

スポンサードリンク




暑い夏から徐々に過ごしやすい気候になり始める秋の肌トラブルとスキンケア。
秋は夏に受けた強い紫外線の影響が表面化される時期。
さらに乾燥が厳しい寒い冬への向けてダメージ回復と乾燥対策の準備期間といえます。

スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋など様々なイベントが目白押しな季節でもあります。
秋は日々の気温の変化や乾燥した空気に対応しきれなくなり、何かと肌トラブルに悩まされる季節。
特に秋は、夏の紫外線で痛んだお肌をお手入れする季節。 皮脂や水分の量が減り、ダメージが、
シミとなって肌に現れやす なっています。さらに、皮脂や汗の分泌が少なくなるので、 部分的な乾燥が 目立つようになります。

紫外線の量は減少傾向だが油断は禁物

継続的な紫外線対策をしていた夏に比べれば秋にさしかかると意識が低くなりがちですが、油断は禁物です。
秋の紫外線量は少なくなりますが、ゼロになるわけではないです。
どうしても紫外線対策の意識は夏以降落ち秋になると日傘や日焼け止めをしない方も増えるでしょう。

しかし過ごしやすい季節である秋。運動会などの屋外行うイベント目白押しな為、外出機会が多くなるはずです。
シミ対策の基本ですが、秋でもしっかりと紫外線対策を行うようにして下さい。

夏の紫外線によるダメージが現れる時期

夏に受けた紫外線のダメージが表面化されるのが、この時期です。
それは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが28日周期というのが関係しています。
紫外線の強い夏のダメージがシミとなって目立ってくるのが丁度秋口になります。

また夏の紫外線や冷房による乾燥が原因で、シミは表れていなくても実は予備軍が眠っている可能性があります。
予備軍の内に適切なスキンケアを行わないとシミとなって表れてします。
シミのない肌を維持する為にも 秋の期間中に正しいスキンケアを行いましょう。

秋の気温の変化や乾燥した空気に保湿をしっかり

秋は乾燥した空気に対して、しっかり保湿し、水分を保持できるお肌にしましょう。
秋の季節に限らずですが、基本の洗顔・潤い・保湿。特に シミ改善にはまずは、保湿が大事です。
肌が水分で満たされていれば色素は 薄く見えます。

肌の表面がやわらかくなって、化粧品の水分も 浸透しやすくなるのです。
まずはミネラルウォーターを飲んだり、化粧水をたっぷりとつけて 体の外からも中からも
保湿を行ってください。保湿をたっぷりと含むと紫外線に対してバリアが出来、結果シミが出来にくくなります。

内側からもしっかりケア 肌の再生に欠かせない、たんぱく質やビタミンCを積極的に摂取すると良いです。
お勧めなのが、ヨーグルトにビタミンC豊富ないちごやキウイフルーツを混ぜて 食べるのがお勧めです。
飲み物は、ビタミンCが豊富に含まれているお茶。 食べ物はサツマイモがお勧めです。
食物繊維だけではなくビタミンCの宝庫です。 キノコ類は低カロリーで食物繊維、ビタミンB群を多く含んでいます。

夏に受けた紫外線対策ダメージを回復しましょう

秋は、夏に受けた紫外線に対してしっかり保湿を行うことが重要です。
さらに乾燥する冬に向けてしっかりと保湿保湿をしておくことが乾燥の厳しい冬でも潤いのある肌バリアが、
乾燥を 乗り切るために大変重要なスキンケアになってきます。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.