シミの対策基礎

紫外線対策だけでは不十分な夏の肌トラブルとスキンケア

投稿日:

スポンサードリンク




肌に突き刺さるような日差しと共に激増する紫外線量が特徴の夏の肌のトラブルとスキンケア
紫外線が多いとわかっているので、「紫外線対策はバッチリ」と油断しがちですが 暑いの冷房に頼りがち。
その為お肌は乾燥しがちです。肌基準に考えると夏は、寒暖差が1年で一番激しくストレスの多い時期といえます。

1年中に一番強い紫外線が強い時期

夏は、冷房によって屋内外の気温の差が激しくなると、肌は乾燥し、トラブルを 起こしがちになります。
さらに1年の中で一番紫外線が強い為、シミに 悪影響を招きます。 また、夏は温度調整のため、
大量の汗をかくのはもちろんのこと 新陳代謝が活発になる為、皮脂の分泌も多い季節です。
汗や皮脂を放置しておくと、 ニキビや吹き出物等の肌トラブルの原因になります。

夏の紫外線対策は早めに

そんな夏のスキンケアのポイントを紹介します。

・夏の紫外線対策は早めに。
冬場に、紫外線が少ないことで肌が白くなっているので 紫外線対策は1年中必要ですが、
特に春先から夏に掛けては 徹底的な紫外線対策をしてください。

・ファンデーションを活用。
日焼け止めを塗ってファンデーションをつける。 さらにおしろいで押えておくとより効果的です。
ファンデーションには、紫外線をカットする効果が 数倍上昇するそうです。

・夏は日中の日焼け止めのケアはこまめに。
皮脂や油を手入れする時は、ローションをスプレーし、そのあと ティッシュで軽く押すように拭き取ってください。
そのあと、UVとファンデーションを上からつけて化粧直しを行ってください。

・栄養バランスに注意した食事を
スキンケアにはどの栄養素も不足しないようにすることが大事です。 バランスのとれた食生活は大変重要になります。
そうすることが、紫外線対策にもなります。 特にビタミンE(穀類・豆類)は抗酸化作用により
過酸化物質の生成を抑え、 皮膚の真皮の代謝を促します。

・疲れはその日のうちに
体とお肌の1日の疲れをその日のうちに取り除く事がとても重要です。夏は蒸し暑さに紫外線でお肌だけでなく
心身共に疲れがちになります。ぬるめのお湯で少し長めにお風呂に入って
その日の疲れはその日のうちに 取り除きましょう。

・日焼け止めの落とし残しに要注意
夏は、1年の内で一番紫外線量が多くなります。その為帽子や日傘の他に 日焼け止めでしっかり対策してください。
ただし注意が必要なのは、日焼け止めの 洗い残しです。しっかり洗い流さないと
長時間日焼け止めの刺激を肌が受けてします。

紫外線対策をしっかり

1年で一番強い紫外線対策をしっかり行ってください。その際、日焼け止めなどが毛穴に詰まってしまい
シミなどの肌トラブルに発展しないように、しっかり洗顔をして、クーラなどによる乾燥に
備えしっかりと保湿を行うよう習慣を身につけましょう。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.