シミの対策基礎

紫外線をブロックする日焼け止めには、どんな成分があるのか?

投稿日:

スポンサードリンク




紫外線は、シミの原因になるだけでなく、シワやたるみなどの原因になっている事をご存知ですか?肌のハリを 作っているコラーゲンを紫外線が破壊してしまう為、肌の老化が進んでしまうからです。紫外線を短時間浴びただけで 肌にダメージを与えてしまう為、洗濯物を干すだけでも、対策をして外に出ることが大切です。

では、皆さん、紫外線対策で日焼け止めクリームや、日焼け止めスプレーなどといった日焼け止め化粧品を使う機会は 多いのではないかと思いますが、なぜ紫外線をブロックすることが出来るのか?ご存知でしょうか?そこで 日焼け止めに含まれている成分や特徴などを紹介したいと思います。

日焼け止めは、別名”サンスクリーン剤”とも言われております。紫外線をブロックしてくれる為、最近では1年中 紫外線対策として、使われている方も多いかと思います。そんな紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めには、 2種類の成分があり、それぞれの効果があります。

肌にやさしい紫外線散乱剤

紫外線散乱剤の特徴は、紫外線を反射・散乱させることにより肌の中に侵入防ぐ効果があります。簡単に 説明すると、皮膚の上に薄い膜を張って、鏡のように反射させることが目的になります。

肌の負担がとても小さく、肌の弱い人や敏感肌の人でも使用しやすいです。また、日焼け止めを肌に塗ると 白っぽくなったり、粉っぽくなったりしますが、これは主に酸化チタンと酸化亜鉛が主成分でどちらも 白い無機粉末になる為、これらの紫外線散乱剤に含まれる成分の影響によるものです。

日焼け止めに効果大の紫外線吸収剤

紫外線吸収剤の特徴は、紫外線を吸収して皮膚の上で化学反応を起こして赤外線や熱に変えて外へ放散します。 しかし化学反応を起こすという事もあり、肌に非常に負担がかかります。肌が弱い方が使用されると肌荒れなどので 肌トラブルが行われる可能性があるので、注意が必要になります。

但し、紫外線吸収剤は非常に効果が高く、さらに化学製品という事もあり、どのようなタイプの日焼け止め化粧品にも加工が しやすい為、日焼け止めが広く使用されています。濃度の濃いモノにする事でspf値の高い商品が実現が出来ます。

自分の肌にあった日焼け止めのススメ

日焼け止めは、一昔前は夏だけ塗ればいいという人が多かったと思います。しかし最近では、美白ブームもあり 1年中日焼け対策を行う方が大変増えてきました。

ただ1点ご注意があります。お肌の弱い方がいらっしゃると思いますが、その方にお勧めです。日焼け止めを選んだ際 ご自身の肌に合うのかどうか日焼け止めを使う前に、目立たない箇所でバッチテストをする事をお勧めします。

紫外線対策は、用量を守って

シミ予防をする為には、しっかり紫外線対策をして、ブロックしないといけません。その際効果を発揮してくれるのが 日焼け止めになります。日焼け止めにはそれぞれ特徴があり、肌の負担も変わってきます。

日焼け止めは、適量をしっかり守って塗ってください。そうしないと十分な効果が発揮することが出来ません。 それと紫外線の浴びやすいいパーツである、頬や額などについては少々厚めに日焼け止めを塗ることがポイントに なりますので、ご参考にしてください。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.