シミの対策基礎

正しい紫外線対策、知っておきたい7つのこと

投稿日:

スポンサードリンク




このサイトは、シミ(しみ)の予防と対策の方法について書いてきていますが、
この頃つくづく感じるのは、基本が大切だなということです。紫外線対策についても一緒で
当たり前の事を当たり前にやり続けることが重要です。

そこで、このページでは、紫外線対策の基本を振り返ってみたいと思います。
ここで紹介したことを実施していけば、シミ(しみ)予防になりきっと
素肌美人になれる事でしょう。

1.紫外線効果のあるパウダーファンデーション

紫外線は1年中天候に関係なく降り注いでいます。チョットだけならとか雨だからとか
紫外線対策を行うと蓄積されやがてシミなどに結びついてしまいます。
その為、季節、屋内屋外に関わらず紫外線効果のあるパウダーファンデーションを使いましょう。

2.紫外線量の多い夏には、日焼け止めを併用

パウダーファンデーションだけでは、紫外線量の多い時期には、対策として不十分です。
その為、しっかり日焼け止めを塗り、その上からパウダーファンデーションを塗ることが大事です。

汗を多くかく時期というのは、日焼け止めにしろパウダーファンデーションにしろ
塗り直しが基本になるので、ムラなく塗るようにしてください。塗り直しの際には、
スプレータイプのサンスクリーン剤とパウダーファンデーションで併用などがお勧めです。

3.UV対策グッズ

紫外線には、吸収しやすい色と吸収しにくい色が存在します。黒などの濃い色のものは
吸収しやすいです。よって、直接肌にあたる紫外線量は少なくなります。
その為帽子や服,日傘などは、白っぽいものではなく黒っぽいものを紫外線量の多い時期には
進んで取り入れてみてください。

4.地上の反射対策

地面が白かったり、アスファルトなど反射率が高くなります。特に積雪は、
上から浴びる80%の紫外線量浴びます。
その為、足元のしっかりと紫外線対策を行うようにしてください。

5.目の紫外線対策

以外と思うかも知れませんが、目の紫外線対策も大事になります。それは角膜が日焼けをすると、
脳に対して”メラニン色素を作りなさい”という命令を出してしまうからです。
その為、サングラスやuvカットされたメガネを着用することが大事になります。

6.保湿の徹底/h2>

毎日の保湿がとても大切です。乾燥した肌と保湿された肌だとどちらのほうが焼けやすいかは
一目瞭然です。とにかく毎晩毎朝の保湿をしっかりしてください。アウトドアのレジャーとかは
念入りにパックなどをすると良いでしょう。

7.紫外線対策にはビタミンEやビタミンC

紫外線対策のひとつに活性酸素の働きを抑えることが重要です。その為活性酸素の働きを抑える
働きのあるビタミンCの他にもビタミンEを積極的にとるようにする事が必要です。

紫外線対策の基本7項目をしっかり押さえましょう

紫外線浴びても、明日明後日に肌に実感することはできません。5年後10年後に肌に突如現れます。
そうならない為にも、冒頭にもいいましたが、基本をしっかり毎日することで美しい素肌を手に入れる事が
できます。出来てしまったらなかなか消えないシミ(しみ)ですので、毎日適切な紫外線対策をしましょう。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.