シミの対策基礎

お手軽に紫外線対策として使用できる、パウダーファンデーション

投稿日:

スポンサードリンク




シミ(しみ)予防する上で、紫外線対策は最も重要なポイントです。もし十分な紫外線対策がおこなわれていなければ、
ある日突然シミがどんどん表面に現れだします。きっとショックを受ける日が来てしまいます。
そうならない為にどのように 紫外線対策のポイントをお伝えしたいと思います。

日焼け止めの適量を間違うと紫外線対策はできません

紫外線対策として、真っ先に思い出すのが”日焼け止め”です。さて皆さんは日焼け止めの適量はご存知でしょうか?
実は、ここをしっかり理解せずに使用していると、毎日日焼け止めで紫外線対策を行っていたのに、
なぜシミが出来て しまったのだろう?と頭を抱えてショックを受ける日が来るかもしれません

日焼け止めの使用する時の適量ですが、その量はだいたい500玉くらいの量を顔全体に塗ることが重要になります。
紫外線対策として塗るのですから当然ですよね。しかしこの量を塗ると、顔のベタツキ感や白く浮く感じが出てきてしまう
かもしれません。

しかし、日焼け止めのベタツキ感や白く浮くのを嫌い、適量の半分とかそれ以下しか塗らない方もいらっしゃるかもしれません。
実は、ここはポインで日焼け止めは、適量を塗ることによって初めて紫外線対策になるのであって、
適量を守らずに使用していても 確実に効果を発揮することが出来ません。
もしシミなど出来た方は、適量守っているか確認してみてください。

日焼け止めのメリットは用量を守れば紫外線対策が確実

日焼け止めのとしては、決められた用量を守れば紫外線対策が確実行えるところです。
その反対に、デメリットしてあげられるのが、2点あります。1点目は肌に負担が大きいことです。

なぜ負担が大きいかといいますと、日焼け止めは毛穴をふさいでしまうからです。その為、肌荒れの原因に
なってしまったり、肌の乾燥を招いてしまったりすることがあります。

もう1点のデメリットは、日焼け止めは、塗り直しが基本になる事です。なぜ塗り直しが基本かといいますと人は
汗をかくので どうしても日焼け止めが汗で流れてしまうのでそのまま放置しておくと紫外線を浴びてしまい
そのままムラ焼きになってしまいます。 洗顔から1からやり直せる環境ならまだしも、どうしてもそうはいかないと思うので、
しっかり塗り直しが出来ない可能性が高くなり ムラ焼きの懸念がたかくなってしまいまうからです。

例えば、1日塗りなおさなくてもいいようにspf値の高い日焼け止めで対策を行えば1日効果が持続すると思う方も
いらっしゃると 思います。残念ながら逆効果になります。汗で流れてしまうことは、変わらない代わりに成分が濃く
なるので肌の負担は大きくなり ムラ焼きになってしまいます。

汗で塗り直しが必要なのであれば、水に強いウォータープルーフタイプを使うかたもいらっしゃるかもしれませんが
これはお勧めできません。 原因として、主成分である活性酸素が光にあたった際に、その部位の酸化を招きます。
さらに日焼け止めを落とす際には、強めのクレンジング でないと、落ちない為さらに肌の負担が大きくなってしまうからです。

肌に負担をかけないで紫外線対策を行えるモノは・・・

日焼け止めは、効果が高いのですが、デメリットの部分が大きくあまりお勧めがしにくいのも事実です。
そこで、肌に負担をかけずに、紫外線対策を行う方法を知りたくはありませんか? 実は、パウダーファンデーションを使うことです。

ではなぜ、パウダーファンデーションが日焼け止めの同等の効果があるのでしょうか?原因は成分にあります。
パウダーファンデーションには、紫外線散乱剤が含まれています。その成分が、日焼け止めと似たような効果を発揮します。

パウダーファンデーションを使った際のメリットとして、肌の負担が小さく紫外線対策が行えるところと、
汗を かいた時に手軽に塗り直しが可能なため、塗り直しが大変な日焼け止めと違い安易に塗り直しが可能なためです。

紫外線量の多い時期には、日焼け止めを併用して対策をしたほうが望ましいとは思いますが
屋内や冬場などはパウダーファンデーションのみでも問題ないかと思います。リキッドやクリームファンデーションでも
同様の効果を期待できます。但し、パウダーファンデーションに比べて顔料の密度が低い為、パウダーファンデーション
と比べると効果は下がり、お勧めはできません。

紫外線対策と肌の負担軽減することが大事

紫外線対策をする上で、肌への負担と確実にブロックする事を両方考える事が大切になります。その為基本は
パウダーファンデーションを中心に使い、紫外線量におおじて日焼け止めを併用する事がいいと思います。
シミ(しみ)のない美肌の道は、肌に負担を軽減していくの事が近道になります。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.