シミの対策基礎

紫外線には日焼け止めが効果的。でも肌に負担も大きい

更新日:

スポンサードリンク




シミ対策を行うには、紫外線対策が重要です。

シミ対策と言ったら日焼け止めを思い浮かべる方も多いと思います。 しかし日焼け止めって肌に負担
かけている事はご存知でしょうか?

さらに日焼け止めを塗っていても、日焼けをする事ってご存知でしたか?
肌に負担をかけずに、確実に紫外線対策を行うポイントをお伝えしたいと思います。

シミは、陽射しを浴び続けると、 紫外線から
肌を守ろうとして、表皮にある基底層の
メラノサイトが メラニン色素を大量に作成します。
いわば日焼けした状態です。

過剰に出来てしまったメラニンを排出しきれないので
内部に残ってしまうと シミになっていまいます。
なのでシミ対策をするのに 最重要なことは、
紫外線対策をすることなのです。
ではなぜ肌に負担が大きいのでしょうか?

日焼け止めの適量ってご存知ですか?

紫外線対策として日焼け止めを使うと思いますが適量ってご存知ですか? わかりやすいモノで行くと
500円玉ぐらいの大きさを手に取って塗ることが適量になってきます。

当然500円玉ぐらいの日焼け止めを紫外線対策で顔に塗ると、ベタツキ感が出てきてしまいます。
さらに白く浮く感じも出てきてしまいそれを嫌って 適量よりも少ない量を塗っている方も多いと思います。

しかし適量=その量日焼け止めを塗った時にはじめて日焼けをブロックすることを 意味しています。
その為日焼け止めの適量よりも少ないと紫外線対策は 出来ていないことを意味しています。

また、SPF値が高い日焼け止めを使えば塗り直しをせずに1回塗れば 持つんじゃない?と思いがちですが、
残念ながら日焼け止めは 落ちてしまいます。こまめに塗りなおすのが前提になります。

日焼け止めを適量塗ると肌に負担がかかります。

日焼け止めを適量塗ると毛穴をふさいでしまう為、肌の負担が大きいのです。
肌の弱い方などは肌がブツブツしたり荒れたりする方も出てきてしまいます。

それと日焼け止めは、数時間おきに塗り直しが必要です。
汗などで流れ落ちてしまうと 紫外線効果は落ちてしまいます。
発汗対策で防水加工(ウオータープルーフ)にすると
肌に掛かる負担がさらに大きくなってしまいますので、お勧めできません。

紫外線対策としては、非常に効果の高い日焼け止め。しかし肌に負担がかかっては、
嬉しくもなんともありませんね。肌の負担が少ない方法で確実に紫外線を浴びない
方法をお伝えしたいと思います。

日焼け止めに代わる、紫外線対策としてお勧めなのがパウダーファンデーションです。
なぜパウダーファンデーションと思われた方も居るかもしれません。
そのポイント パウダーファンデーションに含まれる成分にあります。

パウダーファンデーションには、紫外線錯乱剤を含んでいるので 紫外線を防止する効果があります。
その為、紫外線量の弱い冬場や屋内,家事などを行っている時には
パウダーファンデーションを 顔にムラなく塗ることで、紫外線対策を行えます。

日焼け止め+パウダーファンデショーンがお勧めです

但し注意として紫外線の強い季節は パウダーファンデーション+αで
日焼け止めを併用して 塗る事をお勧めします。

夏などは、どうしても汗をかきやすい季節な為、こまめに塗りなおしを行うことが基本になります。
汗をかいて流れ落ちたり、ハンカチ等で拭いたらその部分だけ落ちてしまい
そのまま放置したらムラ焼きになってしまいますのでご注意が必要です。

日焼け止めを毎日塗ると肌の負担が大きくなりやすい為、パウダーファンデーションを使った方が
肌に負担が小さく塗り直しも簡単で確実に紫外線対策として効果が高いです。
是非、ご参考にしてください。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.