シミの対策基礎

年を取るにつれてできやすいシミ。その原因と対策

投稿日:

スポンサードリンク




シミは歳を重ねると出来るものと認知されています。
しかし、予防をするかしないかで、シミの量が変わってくるとしたらどうでしょうか。
出来てからシミのケアをするよりも、先にシミ予防をしたほうが効率的です。
あなたは日焼け後の肌ケアはどのようにしていますか。そのまま放っておいて
シミになる人もいるかもしれませんね。
しかし、対処によっては日焼けをシミにさせないことも可能です。
どんなに防いでも多少の日焼けは仕方がないものですが、そこから先が重要です。
シミ対策にはスピードが命、日焼け後には適切な処置をしてシミ予防をしていきましょう。

シミ予防には、まずは紫外線防止

夏に海に行くと真っ赤に日焼けしますよね。日焼けをして赤くなるのは、主に紫外線β波が原因です。
紫外線β波は、10時から14時に増えると言われています。
そして、5月に一番多くなりますが、7月8月もそれに匹敵するくらい多くなります。
シミのことを考えるならこのタイミングでは外に出たくないものですが、そうも言ってはいられません。
日焼け止めだけでなく、帽子や傘を使って紫外線を防いでいきましょう。

日焼けはスピードが命

それでも肌が赤くなることもありますよね。強い紫外線を浴びると肌は炎症を起こし、軽いやけどのような状態です。
この時にきちんと対処しておかないと炎症がなかなか治まらず、シミが酷くなることもあります。
もし肌が赤くなっているのであれば、まずは肌を冷やして炎症を抑えていきます。
化粧品をつけてもしみるようなら、氷で冷やしてしばらく様子を見ます。
痛みが引くまではあまり何も付けないほうがいいでしょう。この時、しみるのに無理に
化粧品をつけてはいけません。美白化粧品の中には炎症を酷くするものもあるので、逆効果です。
もしそこまで酷くないようなら、抗炎症作用のあるビタミンC誘導体の入った化粧水で
たっぷりと保湿をしていきましょう。日焼けにはとにかく冷やすことと保湿が大切です。
なお、収れん性のあるものは刺激が強いので避けておきます。
洗顔も冷たい水で優しく洗いましょう。刺激を与えないように優しく拭き取ります。
もしあまりに酷い場合や水ぶくれが出来た時は極力触らず、できるだけ
早めに皮膚科へ行くことをお薦めします。

メラニンがシミになる仕組み

紫外線を浴びるとメラノサイトからメラニン色素が生成され、
表皮の細胞であるケラチノサイトに留まります。
表皮にはターンオーバーという仕組みがあって、表皮の一番下の細胞が分裂することで
既存のケラチノサイトが徐々に上に押し上げられていき、
28日程度で角質となって剥がれていきます。
強い紫外線を受けると、多くのメラニンが生成されます。それに加え、紫外線による
活性酸素や肌への刺激によって、ターンオーバーのサイクルが乱れることに。
肌の新陳代謝が落ちてしまい、シミの元であるメラニンを含んだ
ケラチノサイトが排出されずに肌に停留してしまいます。
新しく生まれるメラニンと停滞したメラニン、どちらも排出されずにシミとなって現れます。
酷くなると表皮だけでなく真皮にまでメラニンが定着してしまい、ケアをしても
シミが消えにくくなりますので、早めにターンオーバーサイクルを整えて、
シミの元であるメラニンを排出しなくてはいけません。

通常のお手入れは

肌の炎症が出ている時は炎症を抑えることが第一ですが、炎症が無い時は肌のターンオーバーサイクルを整えて、
シミの元であるメラニンをしっかり排出させていきましょう。
ターンオーバーは個人差が有り、通常は年齢が進むとともにサイクルは遅くなります。
新陳代謝の良い若年層だと細胞がどんどん生まれてくるのに比べ、年齢を重ねると
新陳代謝が低下していくためです。シミは年齢があがると出来やすいのは、その為です。
メラニンを含んだ細胞を輩出するためには、代謝を上げてターンオーバーを正常化させる必要があります。
美白化粧品の中には代謝を高め、シミの元であるメラニンを排出しやすくするような
美白化粧品を使い、肌サイクルを整えていきましょう。
肌サイクルは28日ですが、化粧品の効果が出てくるには3ヶ月かかると言われています。
一度化粧品を使ったなら、3ヶ月間は同じものを使って様子を見てみましょう。何度も化粧品を替えると、
そのたびにリセットしているのと同じ。短期間で化粧品を替えるのは、あまりお勧めできません。

化粧品以外でも代謝を高めよう

ターンオーバーサイクルを整えて、シミの元であるメラニンをしっかり排出させるには、代謝を高めましょう。
バランスの良い食事、質の良い睡眠が必要です。それらを改善するとともに、体の血行をよくしていきましょう。
血行不良は、シミの元であるメラニンが排出されないだけでなく、
女性特有の冷え性、肩こり、頭痛にも関係してきます。さらに、肌には必要な栄養素が届かないため、
シミだけでなくシワや乾燥の原因にもなります。
ストレスを発散するように心がけ、時にはお風呂にゆっくりと浸かりましょう。
リラックスできる空間を作り、ヨガやストレッチをしてみてもいいでしょう。
ゆったりした精神状態は質の良い睡眠にも繋がります。

シミは、まず紫外線予防が大切

シミはまず紫外線予防が大切です。そして、日焼けをしてしまってもその後の対処によっては
シミの発生を遅らせることができます。肌が刺激を受けていたら、
まず炎症を抑えて、それから美肌ケアをしていきましょう。
紫外線は絶え間なく降り注いでいます。美白ケアも、シミのできやすい夏だけすればいい、
というものでもありません。トラブルの無い時は美白化粧品を、トラブルが出たら
美白ケアは一度止めて、トラブルに合った対処をしていきましょう。
適切な対処はシミが出来にくい肌へと導いてくれるはずです。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.