シミの対策基礎

出来てしまったシミを目立たなく、薄くする方法

投稿日:

スポンサードリンク




例えシミが出来たとしても外出しない訳にはいきませんが、シミが見えると実年齢よりも上に見られがち。

出来るならシミは予防したいものですが、完全に無くすことは難しく、適度に付き合っていかなくてはいけません。
しかし、他の人にシミが見えていないか気になりますよね。
出来るならシミを目立たなくしたい、そう思うのも当たり前です。
そこで、出来てしまったシミを目立たなくするためのメイクテクニックをご紹介していきます。

シミを目立たせないベースメイク

シミを隠すメイクというと明るめのファンデーションを顔全体にタップリと塗る人も多いようですが、
それでは顔だけ白浮きしてしまいます。シミが気になるようなら、少し暗めのファンデーションを
選択すると良いでしょう。そして全体に厚塗りをせず、場所によって濃さを使い分けましょう。
まずファンデーションを取り、頬を内側から外側へ塗っていきます。自然な感じになるように
外側は追加せずに薄く伸ばします。それから残ったファンデーションで残りの箇所を塗っていきます。
足りないようなら追加しても構いません。

薄いシミの場合

全体を塗り終えたら、薄いシミであれば、シミの部分にファンデーションを追加します。
あくまでもシミの部分だけで、ベッタリと全体には塗らないようにしてください。
そして、シミが隠れたら周囲となじませ、上にパウダーをのせて完成です。

濃いシミの場合

濃いシミの場合はコンシーラーを使います。コンシーラーにも種類があり、固いものから柔らかいものまで色々です。
薄いシミを消す時は柔らかい伸びのいいコンシーラーを、濃いシミを消す時は
固めのマットなコンシーラーを使っていきましょう。
目の下のクマを消す時もシミ隠しと同じコンシーラーを使う人もいますが、目の下は動きが激しい部分なので、
固いものを使うと寄れやすく悪目立ちしがちです。もし、固めのコンシーラーを使う時は、
目の下は違うタイプのコンシーラーを使ったほうがいいです。
また、シミを隠すときは明るめのものを選んでしまいがちですが、そうするとコンシーラーの部分だけが
浮いてしまいがち。肌に載せても違和感のないような肌なじみのいい色を選びましょう。
塗り方はどちらも同じ。シミの気になる部分より少し広めにコンシーラーをのせて、コンシーラーの外側だけを
指でポンポンと軽く叩きながらなじませていきます。この時、シミの部分まで一緒になじませてしまうと
シミが浮き出てしまいます。せっかく隠した意味がなくなってしまうので、あくまでもシミの周りの境界線を
なくすような感じでなじませましょう。
不自然さが無くなったら、上からパウダーで押さえてベースは完成です。仕上げのパウダーは、
逆に明るめのものを使いましょう。そうするとベッタリとした質感にならず、自然な透明感が出てきます。
もしこの方法ではファンデーションの色が合わない、ということであれば、2色のファンデーションを混ぜたり、
後から明るい方の色を軽く重ねて塗ると綺麗に仕上がります。

シミに目が行かないようなポイントメイクを

それでも多少気になるということであれば、目線をシミに行かないようにさせましょう。
目元や口元のポイントメイクは勿論、チークを頬の高い位置にふんわりと載せるだけで目線が変わり、
シミの部分が目立ちにくくなります。ただし、シミを隠そうとあまり濃く塗るのは不自然になるので、
あくまで自然な色みで抑えておきましょう。自分は分かっているので気になりますが、意外と気づきにくくなるものですよ。

メイク落としもきちんとしましょう

しっかりとメイクでシミをカバーしたら、きちんとメイクを落としましょう。
洗顔というとシミケアでは軽視されがちですが、肌に汚れが残ったままの状態も色素沈着を招いてしまいます。
また、せっかく高価な美白美容液を塗っても汚れが残っていたらきちんと入り込んでくれません。
お肌のためにも洗顔にも気を使いたいものです。
洗顔は、クレンジングと洗顔の2回必要です。クレンジングはメイクを落とすだけでなく、
酸化した皮脂や日常生活でついてしまった油由来の汚れを取り去る役割があります。
クレンジングで表面の油の汚れを取ってから、洗顔料で毛穴に残った汚れや水性の汚れを落としていきましょう。
面倒だからと1回ですませるのはよくありません。
今ではダブル洗顔不要の1回で済むタイプも発売されていますが、水性と油性両方の汚れを同時に落とすとなると、
うまく汚れが落としきれないことも。同時に汚れを落とすことを意識すると、より強いものが必要になるため、
肌への負担が大きくなります。クレンジングだけでなく、しっかりとダブル洗顔をしたいものです。
洗顔後に汚れが残っていると、ニキビや毛穴のたるみを引き起こします。古い角質がきちんと取れないため、
肌がくすんだりシミになることも。できるなら定期的にクレイ成分の入ったパックをして、
洗顔で取りきれなかった毛穴の汚れもしっかりと取っていきましょう。
泥にはミネラルも含まれているため、毛穴の汚れだけでなく、シミ対策としても有効な成分です。
しっかりと洗顔をした後は、美白化粧品を使って十分な保湿をしていきます。
シミを根本から消すには毎日のケアが大切ですが、シミがあっても外には出なくてはいけない時もあります。
そんな時はシミを目立たなくさせるメイクでカバーして、帰ってからしっかりと美白ケアをしていきましょう。

-シミの対策基礎

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.