シミ対策化粧品

出来てしまったシミにも、シミの予備軍にも効果的な化粧品

投稿日:

スポンサードリンク




出来てしまったシミを取りたいと思い美白クリーム使っても効果がでない
と悩んでいる人は実はとても多いのではないでしょうか。それは、美白クリームなどの効果を勘違いしています。
既に出来ているメラニンを減らすものではなく、これから生成されるメラニンを抑制するものだからです。

美白クリームの効果は、メラニンの生成を抑制

その一方で、自身の肌上にあるシミにばかり目が行き、どんどんとシミが増えていっているような気がする、
ということは実際に女性の多くが感じていることだと言えます。 シミ対策用のクリームは色々あるのですが、
一般的に有名な成分には、 実際の所はシミの予防をメインとした成分が多いのです。

シミ予防タイプの化粧品は、シミを予防する事で新たにシミができることを防ぎながら、
新陳代謝を正常にし既に出来てしまったシミが剥がれ落ちるのを待つというものです。

でもそれですと、肌の代謝が低下している状態では時間ばかりが掛かり、更には完全にシミが 消えない事もあります。
ただ、残念ながら直接シミを薄くする成分は、実は意外と少ないのです。

ハイドロキノンは出来てしまったシミを薄くする効果

一般的に化粧品に配合されているシミを薄くする成分はハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ビタミンCなどが 代表的です。
それぞれに様々な特徴があるのですが、その中でも特にしみを取る作用が抜群に高いものが ハイドロキノンなのです。
ハイドロキノンはメラニン色素に働きかけて、 出来てしまったシミを薄くする効果があります。

しかしこのような成分が配合されている美白化粧品を使用しようと思っても、 美白系の化粧品は乾燥するから
なかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか。

その様な人にはクリームタイプの美白化粧品をおすすめします。 美白クリームなら保湿もしっかりでき、
一石二鳥なのです。 例えばDPクリーム テクノホワイト(ドクタープロダクツ株式会社)は活性酸素から肌を守る成分、
メラニンの産生を抑制する有効成分などが、しっかりとじっくりと白い肌に導いてくれます。

また、ビタミンC誘導体が長きに渡り肌のうるおい成分を保ちながら肌のキメを整えてくれるので、
くすみのない肌へ近づけてくれるのです。 美白ケアをしながらも、クリームとしてやわらかい
テクスチャーで肌を包み込んでくれるため、乾燥を感じることもありません。

美白クリームをは成分や使用感を考慮して選ぶ

美白クリームと一言で言っても、その配合されている成分や使用感などは商品によって大きく異なります。
使いやすくて効果のある美白クリームを根気強く探し求め、自分に合う商品を見つけることが シミのない美肌への第一歩です。

人それぞれ肌質が異なるので、有効成分といえども効果が出る出ないは人によってさまざまなのです。
また効果が実感しにくい人は、余裕がある時に美白ケア+マッサージをするとより効果的でしょう。

美白有効成分を含んだクリームをつける際、ゆっくりとリンパを流すようにマッサージするだけで、
血行促進による肌のターンオーバー活性化、シミ・くすみの改善や美白成分の浸透による、
メラニン色素生成の抑制、排出効果、また筋肉を適度に動かすことによるリフトアップ効果、
小顔効果も得られるかもしれません。

-シミ対策化粧品

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.