シミ対策化粧品

出来てしまったシミにも、シミの予備軍にも効果的な化粧品

投稿日:

スポンサードリンク




万全に紫外線対策をしていたつもりでもいつの間にかできてしまったシミ。
一度出来てしまうと、なかなかやっかいなものなので、出来てしまったシミをきれいにする方法はあるのでしょうか。
既にできてしまったシミの対策で、 美白作用がある化粧品を使用することが考えられます。

美白化粧品の目的は、メラニン色素の生成の抑制

多くの美白化粧品があり、 どのような成分がどのように肌に効くのか、なかなか選ぶことは難しいかと思います。

美白成分が配合されている美白化粧品の根本的な目的はメラニン色素が作り出されることを抑え、
その結果、日焼けによるシミやそばかすを防ぐことです。

そのメラニン色素生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐということが大前提なのですが、
わかってはいてもなかなかその効果を実感出来ず、途中で諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
できてしまったシミへのケアは根気のいるものなのです。

お肌の漂白剤と呼ばれる化粧品が登場

その中で最近ではお肌の漂白剤と呼ばれるより効率的な美白ケアができる成分の化粧品がでてきました。
それがハイドロキノンです。ハイドロキノンは、チロシナーゼが活性化されることを
強力に抑制してくれるため、メラニンの形成をしっかりとブロックしてくれます。

またメラニンを減少させ、血流を上げて代謝を高めます。 表皮細胞に作用することにより、
肌のターンオーバーを高めるため、溜まってしまったメラニンを押し上げ、排出を促す作用があるのです。
その際、強力な美白作用を持つ化粧品ハイドロキノンを併用することにより、シミが漂白されるのです。

例えばエルシーノ(株式会社T.Sコーポレーション)は、このハイドロキノンを5%配合しています。
この配合率は業界でNo1です。 ハイドロキノンは出来てしまったシミにアプローチし、
さらにビタミンCも配合されているためお肌の奥にある潜在シミまで対策をしてくれます。

つまりこの美白化粧品は出来てしまったシミにも、これからできそうなシミの予備軍にも
両方効果的な美白美容液なのです。 ハイドロキノンは、根本的なシミの原因となる
メラニン色素の合成を食い止める働きを持ち、その美白効果においては
コウジ酸やアルブチンの数10倍から、数100倍とさえもいわれています。

また、アメリカでは美白と言うと今のところ、このハイドロキノンが主流なのです。
しかし、日本では今までは医師の管理下でのみ使用されていたという背景があり、
2001年の規制緩和により、メーカー責任のもと、化粧品への使用が許可されるようになりました。

自分自身の肌に合う、効果的に働く化粧品を探しが重要

ハイドロキノンは刺激が少し強いため敏感肌の人にとってはなかなか試しにくいものですが、
この化粧品に配合されているものは低刺激なハイドロキノンのため敏感肌の人でも
使用できる可能性も高くなっています。
自分自身の肌に合う、そして効果的に働く化粧品を探して美白ケアに取り組みましょう。

-シミ対策化粧品

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.