シミ対策化粧品

あなたの肌をボロボロにする、間違った日焼け止め選び!?

投稿日:

スポンサードリンク




シミ対策に最も活躍するのは日焼け止めです。 では、どの様に日焼け止めを選んで行けば良いのでしょうか。 そのシーンに合わせて適切な日焼け止めを選ぶことも美肌への一歩になります。 日焼け止めを十分に理解し適切な日焼け止めを選びましょう。

目的に合わせて日焼け止め選びが重要

まず日焼け止めやUVケアの化粧品などに掲載されているSPFとは
どのような意味なのでしょうか。 簡単に要約をしますと、
太陽の光から保護をしてくれる要素という意味になります。
SPFが示す数値には、数種類ある紫外線のうちでも、
UV-Bから肌を保護してくれる、という効果があります。

そもそも、紫外線B波は肌に日焼けを起こす紫外線です。
日焼け止めの塗布を行っていない 普通の状態の肌が20分で
日焼けを起こす量の紫外線B波を当てた時、どれほどの間
日焼けを防げるかを 示しているのがSPFの数値なのです。

その為、どのくらいの期間、日焼けを防いでくれるかを計算する時は
SPFの数値×20分と言うことになります。 仮にSPFが20と明記されている
日焼け止めは、20×20分となるため、最大400分は日焼けをしない、
すなわち約6時間は紫外線対策が出来ることになります。

紫外線効果大=肌の負担大

SPFの値が高ければ高い程、長時間に渡りUVケアを行ってくれることになるのでより 良い印象が持たれますが、
それはその分日焼け止めの成分が強力と言うことになるため、 当然肌には良くないのです。
SPF値が高くなればそれだけ毛穴にも負担をかけるのです。

一日のうちにどの程度太陽の下に肌をさらすのかにより、日焼け止めの種類も使い分けを行う方がおすすめです。
例として考えるのは、日々の通勤通学のみの場合は毎日SPF50を使用しなくとも、
SPF30ぐらいで十分補えると考えられます。

SPF30だと600分、つまり10時間は紫外線対策をしてくれるため朝9時に日焼け止めをつけ
出掛けた場合でも夜の19時まではその効果は保たれるということです。
夜19時になれば紫外線は日中よりも多くはでておらず十分対策がとれるかと思います。

海やプールなど一日屋外にいる場合はSPF50の日焼け止めをしっかりとつけ対策をとることをお勧めします。
そして日焼け止めをはじめとした、各種UVケア化粧品に表記されているもう1つの指針がPAとなります。
PAの意味の全てのつづりを書くとProtection Grade of UVAという表記となるため、
UVA保護のグレード、レベルと言う意味になります。

また、PAはSPFのように数値ではその効果が表されておらず、+で表現されています。
その表現はSPFに比べて曖昧なのです。 これは「UVAは肌を黒く焼く紫外線である」
というUVAの特徴から来ます。

またUVAは肌の表面のみにあらず、肌の深部にまで達する紫外線を指します。
肌を黒く焦がすのみではなく、肌の成分を破壊して肌の弾力を失わせてしまうために
シワや老化の原因にもなるのです。

更に、肌質とはもちろん個人差があるものなので、その分、PAを数値で表すことはとても難しいので、
そのため+という記号を用いた表現をされています。 +1つはUVAを防ぐUVケア効果がある、
++2つは大きなUVケア効果がある、+++3つは非常にUVケア効果があるという意味になります。

日焼け止めは、肌の負担も考え選ぶ事が大切

通常、PAは++2つあれば十分と言われています。 紫外線に対する効果が高い方という面ばかり考えて
選ぶと肌に反対に負担をかけることになるので、効果対ダメージを良く考えて、
その時のシーンに合わせて日焼け止めを選ぶことが大切なのです。

-シミ対策化粧品

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.