シミ対策化粧品

シミって本当に飲み薬や塗り薬で落ちるんですか?

投稿日:

スポンサードリンク




シミに効く薬といっても、様々な化粧品やサプリメントが出ています。クリニックでは飲み薬や塗り薬 が出されることも。
けれども、薬が本当に役立つのか疑問に思う人もいるかもしれません。実際のところ、どうなのかを知りたいですよね。

そこで、なぜ飲み薬や塗り薬でシミに効果が出るのかをご紹介していきたいと思います。
せっかく高いお金を出して購入するのだから、しっかりと知識を得ていきましょう。

医薬品と化粧品の違い

一般的に薬と呼ぶのは医薬品です。医薬品はそのものに効果、効能が認められていますが、同時に副作用などもあるため、
薬を購入するには、医師の処方が必要となります。

化粧品の中には医薬部外品と書かれているものもあります。こちらは効果や効能は認められていますが、効果は穏やかで主に予防目的に使われています。
その分、副作用の心配はなく、薬を購入する際、医師の処方はいりません。

その他の化粧品やシャンプーなどは、化粧品と分類されています。化粧品の中でも薬用化粧品は、化粧品の持つ効果以外にも肌荒れを防ぐ、
美白・デオドランド効果がある成分が含まれており、医薬部外品とされています。

飲み薬と塗り薬の仕組み 一般の化粧品では、メラニン生成を抑えるという予防を目的に作られています。ところがクリニックで出される医薬品では
積極的にシミを薄くしたり除去する効果が認められます。もし美白化粧品を使ってもなんだかイマイチという人は、
一度医薬品を選んでみるのもいいかもしれませんね。

医薬品には塗り薬と飲み薬があります。

塗り薬の中には、ハイドロキノンというチロシナーゼ抑制効果のあるものがあり、メラニンの生成を防いでくれます。

また、レチノレイン酸という成分が美白のために出されることもあります。こちらは血行を上げて代謝を高めるとともにターンオーバーを促進させ、メラニンを排出させていきます。

他にもピーリング剤の含まれたグリコール酸ローションなどもありますが、医薬品のため作用が強く、
肌が赤くなったりかぶれることもあります。使用上の注意をよく聞き、異常が出た時は医師に相談しましょう。

そして飲み薬には、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、シミを作る神経経路をブロックさせるトラネキサム酸、
メラニン生成の阻害、ターンオーバーの促進効果のあるL-システインなどがあります。

シミを除去するにはメラニンの排出、血流の改善が大切です。薬だけではなく、
化粧品と併用して使うことでより効果が現れやすいでしょう。

シミって本当に飲み薬や塗り薬で落ちるんですか?

結論から言えば、シミは落ちます。但し、医薬品は、効果が優れている分、副作用の心配もあり、医師の診断が必要になります。
そのため、薬の効果を感じられなくても、勝手に薬の量を増やしてはいけません。

自分の肌や体の事を考えると、医薬品はきちんと用法や容量を守って使用していきたいものです。

-シミ対策化粧品

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.