シミの原因

出来てしまったシミ対策に有効な5つの習慣

投稿日:

スポンサードリンク




年齢と共に気になってくる肌の悩みが”シミ”です。そんな出来てしまったシミに対して諦めていませんか?
出来てしまったシミというのはなかなか消すことのできない厄介な肌トラブルです。
そんなシミを消す方法として一番有効な手段として挙げられるのが、レザー治療になると思います。
レーザー治療のメリットは濃いシミを短期間に消せることが挙げられます。逆にデメリットとして
挙げられるのが高額な治療費を払っているのにリスクもそれなりに高い事と、シミを消すことは
時間をかければできるかもしれませんが、シミの元はなくならないので新たにシミが
発生する危険性がある為、心理的に不安に思うところがあると思います。

出来てしまったシミを消すために!

そんな出来てしまったシミに、有効な手段としてやはりコスメでコツコツとが一番いいと思います。即効性はないので
早くても2週間,遅い場合1か月以上かかるかもしれませんが、リスクを考えるとこちらの方がお勧めです。
その中でも、”お肌の漂白剤”と言われているものをご紹介したいと思います。
お肌の漂白剤と言われている成分が”ハイドロキノン”というモノになります。ハイドロキノン配合の化粧品でケアすれば
顔に出来てしまったシミが徐々にではあるでしょうが、薄くする事が可能です。顔のシミに対して
(既にメラニン色素が皮膚に沈着した状態) 影響し、シミミを徐々に薄くすることができるのです。
さらに、メラニン色素の生成する酵素の働きを抑制する効果もあるので、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)
を減少させる効果もあるのでお勧めになります。出来てしまったシミに対して、ハイドロキノン配合の
化粧品をターンオーバの期間である28日間試して使ってみてください。きっと美白に導いてくれることでしょう。

基本はシミを作らない・作らせない5つの習慣

シミが出来てしまうとなかなか消せないというのはイメージがついていただいたと思いますが、あくまで基本は、
シミをシミを作らない・作らせないという事です。その為にも日頃のシミ予防にもしっかりと気を配りましょう
そのポイントとなる5つの習慣についてご紹介したいと思います。

日焼け止めは年中無休で塗る事

シミ対策として真っ先に思い浮かべるであろう紫外線対策になります。実は、夏の紫外線の強い時期以外にはあまり
対策を行っていない人も多くいます。しかし紫外線というのは、1年中常に浴び続けているものなので
しっかりとした対策をする事が重要になります。
家事やチョットそこまで買い物へなどという時や屋内にいる時などは無防備な状態になっているのも要注意です。
朝起きたら、洗顔をすると思いますが、しっかり日焼け止めを塗るまでセットで行う事を毎日習慣にするように
心がけていきましょう!

毎日の保湿がシミ予防に効果大

乾燥している肌というのは、シミに関わらず肌トラブルのもとになります。水分を失った肌というのは非常に焼けやし状態です。
保湿をしっかりする事で、肌の弾力ができ、肌バリアをしっかり機能させましょう。しっかり体内外から保湿をし、
お肌に潤いを与えた状態にしておきましょう。

洗顔は、泡洗顔で肌にやさしく

肌に無用な刺激を与えるのは、よくありません。それは洗顔にも言える事です。ゴシゴシ洗いは肌を痛めるもとになるのです。
その結果痛めた肌が原因でシミになってしまったりします。洗顔する時はしっかり泡立て手で洗顔するのではなく泡の弾力で
しっかりとやさしく洗顔するようにしてあげてください。

肌の代謝を高めて肌細胞の生まれ変わりを・・・

いくらスキンケアに力を注いでも、出来てしまったシミには、ターンオーバによる肌の生まれ変わりが無ければいけません。
その為、新陳代謝を促すような、栄養素を補ってあげる事が重要です。肌の生まれ変わりを助けるコラーゲンやビタミンC,
代謝を助けるビタミンB1などを積極的に摂取するようにしましょう。

出来てしまったシミにはハイドロキノン配合化粧品で撃退

出来てしまったシミに対して有効であるハイドロキノン配合化粧品を毎日続けましょう。この世で存在する美白成分の中で
シミを消し去る威力をもつ究極の美白成分です。即効性はないですがターンオーバが行われる頃には、効果が期待できると思います。
シミのない美白肌へ導いてくれます。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.