シミの原因

え!?できてしまったシミにはメラニンの排出か薄くするしかないんだ。

投稿日:

スポンサードリンク




知らぬ間にできてしまったシミ、なんとかしてでもなくしたいものです。
シミができる原因としてメラニン色素が肌に沈着してしまったからです。
シミの出来た原因は分かったけど結局どの様なものでどの様な対策を
とればよいのかわかりにくいと思います。

メラニンの排出は根気が大事

けれどもシミに対するアプローチは簡単に叶うものではなく根気よく続けていくしかないのです。
特にできてしまったシミを薄くするには、肌水分量を上げるだけでは効きません。
もちろん保湿対策をすることでターンオーバーが正常になりそれが後に結びつくこともありますが、
シミの予防とシミ対策、つまりシミを薄くすることは別物と考えた方がよいでしょう。

シミをできにくくする予防には常日頃からの保湿ケアを徹底し肌がダメージを受けても
跳ね除ける力をつけさせることが重要です。 一方でできてしまったシミに対する対策は、
シミの元であるメラニンを排出させるか色を薄くするしかありません。

過剰にメラニンを生成させないようにする

なぜならばメラノサイトがメラニン色素を放出する、ということ自体は、お肌が本来持っている機能が
正常に働いている状態であってあくまでも正常な機能だからです。 そのため、この機能は
やめることはできず、対策としては過剰にメラニンを生成させないようにすること、
そしてそれを溜め込まないことなどしか方法がないのです。

メラニンを溜め込まないということは、肌の新陳代謝、通常のターンオーバーで正しく排出させることです。
通常であれば、メラニン色素は肌の表面側へ押し上げられるため、新陳代謝によるターンーオーバーと
一緒に 剥がれ落ちるため、排出されるはずのものなのですが、このステップが正しく行われないことによって
色素沈着が起きてしまいシミになるのです。 そのため新陳代謝を正常にすることが大前提です。

正常にするためには、保湿ケアはもちろんのこと、生活面が大きく関わっています。
ビタミンやミネラル等を摂取する、ストレスを避ける、十分な睡眠を取るなどの規則正しい生活で
体のバランスが取れ、 新陳代謝も正常になるのです。
またできてしまったシミに対しては沈着しているメラニンの色を薄くするしかありません。

メラニンの色を薄くするためにはメラニンを還元させて、色を薄くさせるのです。
このメラニンを還元させる成分の一つでよく耳にするのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンにはシミを即効的に薄く出来るという高い効果が見込まれており、
その能力は美白で有名なビタミンC誘導体よりも更に高いと言われています。

メラニンを作り出す細胞そのものを減らす

またハイドロキノンはメラノサイトというメラニンを作り出す細胞そのものを減らしてくれるため、
メラニンの生成を抑制する効果があります。 しかしその一方でハイドロキノン自体は強い成分なので、
皮膚が弱い方や敏感肌な方は副作用を 起こす可能性があるので使用には注意する必要があります。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.