シミの原因

そうだったのか!?シミはメラニン色素の沈着によってできるんだ。

投稿日:

スポンサードリンク




年齢と共に気になってくる肌の悩みが”シミ”です。
シミは、20~50代の実に65%が 悩んでいる肌のトラブルです。
年齢と共に気になってきます。 シミの原因として年齢とともに血行を促す力が弱まるからです。

シミの原因は加齢による衰えも原因

生まれ変わる力が衰えればメラニンを含んだ角層を押し出すことが出来ず、
溜まってしまうのです。 多くは紫外線や日々の生活環境が原因であったりもします。
一度できてしまうとあわててUVケアや美白をしてもなかなか改善されません。

紫外線の刺激! 陽射しを浴び続けると、紫外線から肌を守ろうとして、
表皮にある基底層のメラノサイトが メラニン色素を大量に 作成します。
いわば日焼けした状態です。 メラニンサイトは一度紫外線による刺激を 受けると、
一週間もメラニン色素を作り続けるから 気をつけて下さいね

メラニンを排出出きず! 普通は肌の新陳代謝でメラニン色素はアカとなって皮膚ははがれ落ちるのですが
一部のメラノサイトが 異常にメラニン色素を作り続けることで 出来るのがシミです。 眠っていた予備軍が目覚める!

不適切な紫外線対策がシミの原因に

洗顔石鹸でゴシゴシと肌をこすったり、メイクの汚れが残っていたりすると肌の 生まれ変わりのサイクルが乱れ、
メラニンが肌にとどまってしまいます。 そんな状態で紫外線を浴びると、色素沈着が起こります。
この色素沈着を濃く、大きくしない為にも、紫外線対策と正しいお手入れを することをお勧めします。

ホルモンバランス以上がシミの原因に

ストレスによるホルモンバランスの乱れ 心の状態が原因でおこるホルモンバランスの乱れも、
メラニンを 作り出す原因となります。 心理的ストレスを感じると色素細胞を
刺激する副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が増えます。 その為に異常にメラニン色素を
作りだしてしまう原因になり シミになってしまいます。

女性ホルモンの分泌異常 心の状態が原因でおこるホルモンバランスの乱れも、
メラニンを 作り出す原因となります。心理的ストレスを感じると色素細胞を
刺激する副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が増えます。

【シミの原因その1】

ストレス/睡眠不足 睡眠不足、ストレス、などが原因によって皮膚細胞の酸化が
進んだりホルモンバランスを崩していまうためです。

【シミの原因その2】
紫外線 紫外線の刺激が原因で黒褐色のメラニン色素の生成が活発になる
過剰に発生したメラニン色素が残ってしまうため

【シミの原因その3】
加齢 加齢によって皮膚細胞の再生・修復能力が若いころに比べて低下するため

【シミの原因その4】
喫煙 喫煙によるビタミンCの破壊や、有害物質の影響で肌への影響するため

【シミの原因その5】
血行不良 血行不良にる皮膚細胞へ酸素や栄養が補給の低下する

シミの原因として以上のようなものがあります。日々の行動に気をつけてシミのない美しい肌を手に入れましょう。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.