シミの原因

え!?シミってできやすい体質ってあるの?

投稿日:

スポンサードリンク




シミはできてしまってから薄くしようとしてもなかなか効果が実感できず難しいケアの1つです。
シミを薄くする努力をする以上に、まずはシミが出来ないようにきちんとした対策
取ることが大変重要になってきます。

それにはシミができやすいところを事前にしっかりと理解したうえで、きちんとした対策をすることが大切です。
誰もが顔の紫外線対策として、十分にケアしていてもシミができてしまったという経験があるかと思います。

一体シミができやすい箇所はあるのでしょうか。

シミができやすい箇所、それは女性にとって一番困る場所である顔です。 シミの原因となるものは
その殆どが紫外線によるダメージだと言われています。 顔は身体の部分の中で 最も紫外線を浴びる場所でもあり、
また顔には色素細胞もより多く集まっています。

紫外線を浴び表皮にある色素細胞が活性化することでシミの原因となるメラニン色素が生成されるため、
顔が一番シミのできやすい箇所になるのです。 また顔の中でも頬や額は最も高い部分にあるため
紫外線も多く浴びてしまいます。 そのため頬や額にはしっかりと化粧下地などでも紫外線効果のあるものを使用し、
汗などで日焼け止めが落ちてしまった時にはスプレータイプの日焼け止めを使い対処するなど注意が必要だといえます。

紫外線を浴びた後の適切なケアが重要

紫外線は浴びると2秒で活性酸素が発生すると言われているほど、影響は大きく、また蓄積もしやすいのです。
紫外線を浴びてしまった後のケアも大切です。 お手入れが遅れるとシミになる可能性も高くなります。
特に紫外線を多く浴びた時は迅速なケアする事がシミのケアには重要です。

また日頃の肌の状態としても日々のケアが非常に大切で新陳代謝の悪い箇所ほど紫外線のダメージの影響は大きくなります。
イメージとして、生魚と干物の魚を焼くとすると、とどちらの方が早く焼けるかを考えてみてください。
もちろん後者の方が早く焼けると思います。 それは元々の水分が少ない状態だと熱を通しやすい為です。

シミ対策には、潤った肌と新陳代謝を高めることが重要

人間のお肌も乾燥している状態だと焼けやすく、潤っている肌だと紫外線のダメージが少なくなるのです。
日焼け止めだけのケアも大切ですが、日々のケアをしっかり取り組み、紫外線を浴びてもダメージが少なく、
そして新陳代謝を高めてお肌の回復力を養っておくことも必要なのです。

また顔以外の場所でできやすい箇所というと手の甲や首、デコルテといった、洋服によって
遮断されることなく紫外線を浴びやすい場所もシミができやすい箇所といえます。
これらの箇所も忘れがちですが、日焼け止めをしっかりと使ってケアしていきたい箇所です。

シミの予防には夏や冬など、季節は一切関係ないのです。
一年を通して常日頃からの注意とケアが大切と言えるでしょう。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.