シミの原因

そうだったのか!保湿だけではシミを薄くする事は出来ないワケ

投稿日:

スポンサードリンク




お肌が乾燥するとシミができやすくなるということをご存じでしょうか。
乾燥が進むにつれて、お肌の生まれ変わりを助けるターンオーバーの機能が低下し、
シミの元になるメラニン色素を肌の外に追い出すことができなくなるのです。

シミを目立たなくするには、保湿だけでは不十分

お肌が潤った状態だと正常に肌が生まれ変わるので、シミもできにくくなります。
しかし、すでにできてしまった濃いシミを、ターンオーバーの促進だけで消すことは難しいと言われています。
なぜ保湿はシミ予防に効果的なのに、シミを目立たなくすることはできないのでしょうか。
これから分かりやすく説明していきますので、今後のお手入れの参考にして頂けると幸いです。

まず、シミというのは紫外線を受けた時に作られたメラニン色素が集まることによって作られるものです。
ターンオーバーはお肌の奥の細胞が新しく作られることにより、表面の古い角質がはがれることを言いますから、
しっかりできてしまう前のシミの元はどんどん肌表面に押し出すことができます。
そうすることによってメラニン色素が集まることを防ぎますので、シミ予防に効果的と言われているのです。

美白用の化粧品も基本的に予防効果

しかし、濃いシミというのはメラニン色素が色素沈着を起こしている状態のことですから、
メラニンがとどまらないようにする保湿でのシミ予防法とは、また別の方法で消していかなければいけないのです。
美白用の化粧品も基本的にシミ予防効果を目指して作られています。

シミを薄くするにはハイドロキノンが一番

もちろんできてしまったシミにも全く効果がないわけではありませんが、目で見てわかるほどに効果がでるまでには、
長い時間、継続的に保湿を続けていく必要があります。

現在レーザー治療の他で考えると、シミを薄くする効果があるのはハイドロキノンという美容成分が一番と言われおり、
化粧品に配合されているだけではなく、皮膚科でも処方してもらえるようになっています。
ハイドロキノンはきちんとした用法や用量を守って使用した場合、1ヶ月程度で効果が見えてくる人が多いと言われています。

もちろんビタミン類もシミには効果的ですし、その他にもシミに効果が期待できる美容成分は数多くあります。
シミの状態によっては目立たなくする事も可能です。

シミ除去をするには保湿だけでは不十分

まとめますと、保湿はシミ予防には効果的ですが、シミ除去をするには保湿だけでは足りないということが
分かるのではないでしょうか。 ですので、シミ予防とシミ除去は別物と考え、
それぞれに合った方法で 対策をしていく事がポイントとなります。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.