シミの原因

シミにならない為に知っておきたい紫外線の基礎知識

投稿日:

スポンサードリンク




過度に紫外線を浴びることで、肌の細胞はさまざまなダメージを受けることになります。
シミやシワ、たるみ、くすみなどの肌老化といわれる原因のほとんどが、紫外線によるものと言われています。
紫外線による老化を光老化と呼びますが、日々蓄積された紫外線のダメージは徐々に肌の老化を進めていきます。

紫外線の理解なくして、正しいケアが出来ません

太陽がある限り、肌は紫外線の影響を日々受けており、それは夏に限ったことではありません。
紫外線についての理解を深めることで、一年を通して有効な肌のケアができるようになります。

紫外線には波長が長いUV-Aと、波長が短いUV-Bがあります。 波長が長いUV-Aは真皮層まで到達し、
繊維芽細胞にダメージを与えます。繊維芽細胞は肌の弾力やハリをもたらす、コラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸を作り出しています。この細胞がUV-Aによって傷つけられると、コラーゲンなどの生成を阻害してしまうのです。

一方で波長が短いUV-Bは、表皮にダメージを与えます。 紫外線を浴びると、肌の基底層にある
メラノサイトという色素細胞が活性化されます。メラノサイト内では、メラニンを作り出す
チロシナーゼという酵素が活性化します。

メラニンが排出しないとシミの原因に・・・

肌をダメージから守る為に、メラニンが作られ細胞を保護するメカニズムが働きます。
しかし肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは古い細胞とともに排出されますが、
繰り返し紫外線を浴びてしまうと、排出されずに沈着し、シミの原因になってしまいます。

また、紫外線のダメージはそれだけには留まりません。 メラノサイトを増殖する要因になり、
メラニンが多く生成されやすくなります。さらに紫外線は細胞内にあるミトコンドリアを傷つけ、
細胞の代謝を停滞させます。

また活性酸素が増えてしまい、細胞の酸化がすすむと、代謝が衰え、細胞を傷つけることになります。
このようにして紫外線はさまざまな細胞を傷つけ、肌の新陳代謝に多大な影響を及ぼしています。

1年中紫外線対策が必要!

太陽がある限り、私たちは常に紫外線の影響を受けることになります。
それは春から夏にかけての、紫外線が強くなる時期だけでなく、一年を通して紫外線対策が
必要になるということです。紫外線のダメージは徐 々に蓄積されます。

一日のうち、太陽が高くなるお昼頃の紫外線量がピークになります。
そのピーク時は家の中にいれば安心ということではありません。 特にUV-Aは窓を通すため、
家の中でも日が射すところは注意が必要です。

肌の老化やストレスなどにより、肌の状態が悪化してしまうと、紫外線のダメージはどんどん蓄積されてしまいます。
傷ついた細胞が修復できずにいると、新陳代謝が滞り、結果として5年後、10年後の肌の状態に大きく影響します。
紫外線のダメージから肌を守るには、日焼け止めによる保護だけでなく、
肌の新陳代謝を高め、健康な状態に保つことが大事です。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.