シミの原因

シミが出来る原因のひとつ”活性酸素”って何?

投稿日:

スポンサードリンク




紫外線を浴びるとシミになると言いますが、シミのできる原因は一体何なのかご存じですか。なんとなくシミができるから
紫外線を浴びないようにしようと思っている方も意外と多いかもしれません。 シミは、紫外線以外にも
外部の刺激から生まれる、活性酸素が大きな原因だと言われています。
活性酸素というと最近よく聞く言葉ですが、どういったものかよく分からない方もいると思います。
活性酸素は何に対しても良くないと言われるけど、何にでも言っておけばいいのではないの?
なんて勘ぐっている人もいるかもしれませんね。
しかし、活性酸素が体に与える影響は科学的に実証され始めています。
勿論、シミができる仕組みも。どうしてシミの原因になるのか、知っておいても損になることはないと思いますよ。

最近よく聞く、活性酸素って何?

活性酸素は名前の通り、酸素が活性化したものを指します。通常酸素は2つペアで安定しているものなのですが、
活性酸素は電子の状態が不安定で、他の物質と反応を起こしやすい特性を持っています。
活性酸素には、元々外部からのウイルスや細菌といった異物を攻撃したり、紫外線やストレスといった刺激から
身を守る働きがあります。このように私たちを守るために働いている活性酸素ですが、その反応は強力です。
過剰に発生すると、強く働き過ぎて、今度は私たちの体を傷つけることになってしまいます。
呼吸によって消費される酸素の2%程度は活性酸素と言われています。その量をはるかに超えた活性酸素は、
健康な細胞まで傷つけてしまうことが分かっていて、時には病気を引き起こすこともあります。
このような活性酸素の害が分かってから、多くの分野で活性酸素対策に力を入れ始めたというわけです。
過剰な活性酸素には、花粉症、冷え性、便秘、肩こりのような疾患も関係があるとされています。
どれも女性にとっては大きな悩みの1つなのではないでしょうか。
活性酸素を増やさないことがシミだけでなく、体の健康にも大切なことが分かりますね。

活性酸素が肌に与える3つの影響

活性酸素がどのように直接肌に影響を与えるのかというと、大きく分けて3つの作用があります。
1つ目は、活性酸素が細胞間脂質を変化させることです。肌に過剰な活性酸素が発生すると、そ
の活性酸素は細胞間脂質を過酸化脂質へと変化させてしまいます。細胞間脂質は肌細胞を包む膜で、
肌のうるおいを逃がさないための重要な役割を持っています。
その細胞間脂質が変化してしまうと、肌は乾燥し老化一直線です。シワやシミだけでなく、くすみや肌の
トラブルも引き起こします。肌の表面で過酸化脂質へと変化すればニキビの原因にもなるでしょう。
2つ目は、活性酸素がメラニンを生み出す原因になることです。また、活性酸素は過酸化脂質を生み出すだけでなく、
シミの原因であるメラニンにも直接影響を与えます。
シミの工場であるメラノサイト内では、チロシナーゼの活性化によって、チロシンがいくつかの段階を踏んで
メラニンへと変化しています。生み出されたメラニンは、通常であれば
表皮のターンオーバーによって次第に排出されていきます。
しかし、紫外線や活性酸素の刺激を受け続けて肌細胞に異常が起こると、肌を守るためにメラニンを合成し続けます。
そうなるとターンオーバーでは対応しきれずに肌に残ってしまうのです。
肌の奥にある隠れシミという言葉を聞いたことがあると思いますが、それはメラニンの量が
まだ目に見えない量で収まっているだけ。このまま活性酸素を増やし続け、メラニンの量が
増えれば隠れていたシミも表面化してしまいます。
そうなる前に早めに対処することが、シミには大切なのです。
3つ目は、肌のハリやうるおいを奪うことです。活性酸素が与える影響はメラニンや過酸化脂質だけではありません。
美しい肌を保つための様々な作用にも影響します。
活性酸素はコラーゲンの量やエラスチンの弾力を奪い、肌からハリを奪っていきます。
コラーゲンやエラスチンは表皮よりも内側の真皮にあるため、
なかなかケアが難しい部分です。少しでも刺激を減らすようにしたいものですね。
同時に、活性酸素は肌のうるおいに重要なヒアルロン酸やNMF(天然保湿因子)の産出を妨害して、
乾燥しやすい肌へと導いてしまいます。乾燥した肌は外部の刺激を受けやすくなり、
その刺激がまた、メラノサイトに作用することも少なくありません。

シミの原因は紫外線の他にも

シミの原因は紫外線だけだと思っていた人もいるのではないでしょうか。
確かに紫外線はシミの原因である活性酸素を生み出しますが、
活性酸素が生まれる原因は紫外線だけではありません。
活性酸素は、細菌、ウイルス、化学物質などの異物の混入やストレス、ホルモンバランス、
過度なスポーツなどの外部の刺激でも生まれることが分かっています。
シミを発生させないためには、紫外線ケアだけでなく、過剰な活性酸素を産まない習慣を身につけて
毎日を過ごしていくことが大切となるでしょう。

活性酸素に効果的な抗酸化作用の高い成分を積極的に

活性酸素は肌のトラブルも引き起こします。そうならない為にも、
日頃からバランスの良い食事を 取るように心がけましょう。特にビタミンA,C,Eに
多くの抗酸化作用が含まれているので積極的に 日頃から摂取していくことが大切になります。
ビタミンは野菜に多く含まれていますが、旬の食材にも多く抗酸化作用含まれているので是非食べるようにしましょう。
また加工食品にも活性酸素が含まれているので、控えるようにしましょう。日頃の食事はバランスの良い食事を
することが、美肌への近道になりますので、いろいろ摂取していきましょう。

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.