シミの原因

シミを消すには、ご自身ののタイプを把握し、適切な対応が大切

投稿日:

スポンサードリンク




シミを消すためには、美白化粧品やレーザー治療を思い浮かべる人も多いと思います。
確かに美白化粧品には厚生労働省の認めた成分があるものなど、効果が期待できるものもたくさんあります。

しかし、そんな美白化粧品でもシミの種類や化粧品によっては効果が出ないことがあるのをご存知でしょうか。
例えば、膨らみのある脂漏性角化症といったシミは化粧品ではほとんど効果がありませんが、
両頬に左右対称に広がる肝斑には有効です。いくら努力しても効果が出ないのなら、
一度自分のシミがどのようなタイプなのかを確認してから対策をとるといいでしょう。

老人性色素斑(日焼けによるシミ)

シミの中でも最も多いのが老人性色素斑です。このシミは長い間紫外線を浴びたためにメラニン色素が蓄積され、
それがシミになったもの。老人性とはつきますが、若いころに紫外線対策をしていなかった人だと30代頃から現れてきます。
日に当たりやすい頬骨の上など高いところにできやすく、丸い形状をしています。
このシミは長い間放っておくと、皮膚の奥まで色素が定着して取れなくなってしまいます。そうならないためにも、
このシミの場合は早めの対策が必要です。美白化粧品だけでなく、紫外線予防もしっかりと行ってくことが大切です。

脂漏性角化症(膨らみのある色の濃いシミ)

先ほどの老人性色素斑を放っておくと、膨らみのあるシミになることがあります。
一見イボのように見え、触ると表面がザラザラしています。色は茶色や黒など様々ですが、
ここまで行くと美白化粧品では対処できません。一般的には、盛り上がった部分を除去するための
レーザー治療を行って対処していきます。
老化現象の1つとも言われていますが、紫外線が原因ともされているので日焼け対策が予防に繋がります。

花弁状色素斑(強い紫外線を受けた後のシミ)

海水浴やレジャーで強い紫外線を受けた後、肩や腕など主に上半身に出てくる花びらのような形をしたシミです。
このシミは日焼け後、数ヶ月経ってから出てきます。肌の奥まで色素が定着してしまうので、
残念ながらこのシミには一般的な美白化粧品は向いていません。治療にはレーザー治療が良いでしょう。
ただし、このシミは広範囲に及ぶことがあるので、できるならシミが出来る前に紫外線予防をしておきたいところです。

色素沈着(外部刺激によるシミ)

ナイロンなどの固いものでこすったりアレルギーの刺激により肌が炎症を起こし、それがシミになることも。
刺激を受けた部分がぼんやりと茶色くくすんでシミになります。
初期は肌のターンオーバーで排出されますが、きちんとケアをしないと次第にメラニンが肌に定着してしまいます。
治療にはビタミンC誘導体のような、美白効果だけでなく抗炎症効果のあるものを使うとより良いでしょう。
そして、肌を不必要にこすらないようにし、刺激になる物質を避けるようにしましょう。

雀卵斑(ソバカス)

遺伝的な要素が関係していると言われます。子供の頃から小さな茶色いシミが鼻の周りに現れます。
思春期を超えると薄くなる傾向にありますが、紫外線対策をしていないと濃くなることもあります。
美白化粧品やレーザー治療の効果もあるようですが、遺伝が関係しているため、
思ったほどの効果を感じられない人もいるようです。美白ケアをしながら、紫外線予防をしていきましょう。

肝斑(左右対称に現れる輪郭のはっきりしないシミ)

若年層から更年期まで幅広い年代で現れます。左右対称で、口の周り、目の周り、頬骨の辺りに現れる輪郭が
定まっていないモヤッとしたシミです。女性ホルモンに関係しているとされ、妊娠時の一時的なシミもこの仲間です。
メラニンを破壊するレーザー治療は不向きです。メラノサイトが過剰に働いて肝斑になるのに、レーザーを
当てることでメラノサイトがより活発化することがあります。肝斑の治療には美白化粧品も有効とされているので、
それらを使い、時には内服薬と併用してケアをしていきましょう。

自分に合ったシミケアしましょう

あなたはどのようなシミのタイプだったでしょうか。自分のシミのタイプを知り、それから自分に合った対処を
していくことが大切です。それでは、最後に化粧品の美白成分についてご紹介しておきます。
美白ケアをするとなると、なんとなくパッケージや名前で選んでしまいがちです。しかし、美白商品は
外見からは効果的な印象が見られても肝心の中身には美白成分が入っていないものもあります。
そのような失敗をしないために、製品の美白成分についてしっかりと確認をしてから検討しましょう。参考までに、
医薬部外品として厚生労働省の認可を受けた代表的な美白成分にはビタミンC誘導体、アルブチン、エラグ酸、
リノール酸、トラネキサム酸などがあります。勿論、その他の成分が配合された美白化粧品も数多く存在します。
これらの美白成分がどのように働くのか、その部分をきちんと見ておくことが大切です。
シミを消すために、美白化粧品を使うと思いますが、化粧品は医薬品ではないので、効果には個人差が出てしまいます。
そうは言っても、何も使わない訳にはいきません。美白の知識を得た上で、まずは色々なものを試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

-シミの原因

Copyright© 顔のシミ対策と予防ガイド , 2018 All Rights Reserved.