看板画像
TOP 茶のしずく石鹸でシミ改善 > 正しい洗顔方法
茶のしずくでしみ対策
美肌への道
季節別の肌トラブルとスキンケア
このサイトについて
スキンケアの基本中の基本

スキンケアの基本は、まず何よりも洗顔です。肌にとって不要なもの
つまり汚れをしっかり落とす事です。チャント正しい洗顔方法しないと
肌を痛めてしまうこともあります。そこで正しい方法を記載したいと思います。

1.泡を作る

ポイントとして洗顔をする際には、ゴシゴシとこすってはいけません。
そうすることによって手で肌を痛めてしまいます。
あくまで泡で洗うことを心がけてください。
毛穴の汚れを落とすには、石鹸の泡の粒子が毛穴の中に入っていかなければ
汚れは落ちません。これを「手」で行ってしまうと、表面の汚れが落ちるだけで、
毛穴の奥の汚れに泡の粒子が入っていかないので、毛穴の汚れがとれないんです。
そこでポイントになるのが「泡」。泡の量が少なすぎると
泡の画像 手が洗顔の際肌に直接触れてしまい、肌を痛める原因に
なってしまいます。逆に決めの粗い泡だと泡のクッションの
役目を果たせず、手が直接肌に触れるので大切な肌の
キメを壊してしまいます。

2.洗顔

まずは、すすぎます。ここがポイントで水かお湯か分からないくらいの温度で
顔をすすぎます。ここで水だと毛穴が開かず汚れを取り除くことが出来ません。
逆にお湯だと皮膚の保湿成分を奪ってしまいます。
泡を顔全体にのせはじめに皮脂の多い部分を重点的に洗います。
このとき注意したいのがゴシゴシ洗わないことです。
シミやシワの原因になります。直接肌に触れないように
泡のクッションを利用し、500円くらいの円を描くように
やさしく洗顔してください。
注意点としては、気持ちいいからと言って長時間泡を乗せた状態に
しないことです。肌に負担がかかるので手際よくおこなってください。

3.すすぎ

すすぎの画像 実は、洗顔のプロセスで一番大切なのは
「すすぎ」なんです。以前松田聖子さんが
以前テレビで言われていましたが、
「すすぎは最低30回」を目安にされて
いるそうです。なぜかというと、どんなに
石鹸をつけて洗う時間を多くとっても、
すすぎが不十分だと汚れは完全に落ちないんだ
そうです。更に、すすぎを十分に行うことに
よってお肌の保湿をする役割が
あります。それと、すすぐ時にもゴシゴシと
こすってはいけません。こちらも「手」で
すすぐのではなく「水」ですすぐつもりで
すすぎをしてください。
この時も水かお湯か分からないくらいの温度(30度くらい)で行ってください。

メイク落としもできる

ちなみに茶のしずく石鹸はメイク落としも出来ます。
1→2→3の順に洗顔して頂いたらもう一度
1→2→3の順を繰り返してください。
イメージとしては1回目がクレンジング
2回目が洗顔になります。
HP限定!茶のしずく、シミ対策化粧品 ついに誕生!
2010年07月に新発売になった、シミでお悩みの方に開発された
洗顔石鹸・化粧水・クリームの3ステップお試しセット

▼シミ対策スキンケア初回限定セット▼
送料無料★シミ対策お試しセットはこちら!
初回限定セット

通常価格 3,050円=>初回限定価格 1,995円(HP限定価格)

(税込・送料無料・ご一世帯一回限り)
購入方法がわからない方は、シミ対策スキンケア初回限定セット購入方法を参照してください。

シミ対策スキンケア初回限定セット画像